晩秋の釣り行脚

2014.06.13.Fri.19:55
6月9日
AM4:35満潮
TWEED RIVER SOUTHWALL
今日はQUEENS B.D HOLIDAY
独立したオーストラリアですがイギリスのクイーンの誕生日が休日です。
土曜日曜と合わせて3連休
夜明け前に着いてみると結構車が止まってます。
やっぱり釣り人多いね。。。
ここに来る途中のキャンプ場もテントがいっぱいでした
河口域に行ってみると先端部からずーっと釣り人が並んでます。

ちょこちょこ声をかけながら
とりあえず様子見
潮はよさそうだけど誰も釣れていませんでした。

流れが速いんでローカル以外は
だいたい隣の人とお祭りしてしまいます。
俺もはじめはそうでした。。。。

そこで
少し離れたところでキャスティング開始
30分ほどするも全く雰囲気が無いので
車に戻り、コーヒータイム
しかし いい時間帯には違いない
FINGALビーチに移動
砂浜に出てみるとカモメが群れで暴れてるポイントを発見!!
バンバン水中に飛び込んでます。
これは冬の名物
カタクチイワシの接岸だ!!
あの下になにかとてつもない魚がおるんちゃう??
期待ドキドキ
急いでロッドを担いでビーチダッシュ
150mから180m沖だ
ちょっと遠いね

土佐清水のURASINさんにもらった
ぶっ飛びルアーをチョイス
SHICO Twitcher HW 10cm 28g
DSCN5188.jpg
 結構飛んでると思うけど 全然届いてない
南から北への流れが尋常じゃない
向かい風もある 
しかし 投げ続けるしかない!
バシュー カチャッ リルリルリル
バシュー カチャッ リルリルリル

うん?何かタッチしたぞ
DSCN5130.jpg

なんとイワシに似せた10cmのルアーに
6cmイワシがHIT!
ちゃんと口に掛かってました。

群れが少し岸に近づいてきたのかハグレものなのか?

バシュッと投げて
流れ出しを利用し、
潮に絡ませながら流してると
ググッツ ギュンギュン HIT!

潮に乗って左へ突っ走る

ウヒョー 何者だ?
いいファイトだ
ビーチなんで久々にごり巻きなしで
ファイトを楽しむ
60mくらい沖でHITしたので
うひひ面白い
次の波で岸にずり上げだ
DSCN5129.jpg
DART (コバンアジ) 38cm
美しい魚体!
こいつ右へ左へぐんぐん強烈に引くんです。
ルアーマンのターゲットとして 
とても面白いです
もう一丁!
DSCN5134.jpg
面白い!!

引き潮と一緒にあっという間に カモメの群れがはるか沖に移動
終了~
DSCN5151.jpg

まだAM8:00
すこしポイントめぐりをしようっと
TWEED RIVERを少し上流へ
DSCN5135.jpg

夜間、この橋の下で何度も何度もトライしてるけど
いっつもドーナッツ
バイトも一度もなし
しかしいつ来ても いいポイントに見えるね~
DSCN5136.jpg

こっちは昔の橋、ここにオレンジの常夜灯があって
いい雰囲気なんですけどね~
DSCN5138.jpg

この筒は、釣り人が要らなくなったラインを捨てるゴミ箱です。
こういうとこちゃんとしてるんですこの国。
DSCN5146.jpg

まずは漁業権を買わないと釣りはできませんが
そのうえで ルールがあります。
この看板は、ニューサウスウエールズ州の釣り規則

(この橋で釣れるとは限りません)
DSCN5145.jpg

相当数のサメもいてるんです。
本当は日本みたいにウエーダ―を着て橋の下で釣りたいんですけど
夜間にサメにかぶられたらいやなんで 
というか
自分が状態になります
おそらくめっちゃ無謀なことでしょう。
DSCN5141.jpg

しかしながら、下のスズキの写真
めちゃめちゃ気になります。
夜間、通い続けてるのはその~
スズキさんのせいなんですね。
ながーくドーナッツですけど
えーっと
お持ち帰りできるのは70cm以上で2匹まで
要するにデカ仕掛けで
バッコシ行くしかないんですね

DSCN5144.jpg


Jaco-big-fish1-550x730.jpg
借り物の画像です
56kgだそうです。

マッマジかよ!!

70cmは小物ですな。。。。。。



P.S 手のひらアジ師匠からコメントを頂き上記の写真は
    スズキ目スズキ亜目ニベ科オオニベ属
    とご教授いただきました。
    いつもありがとうございます!









スポンサーサイト
コメント
No title
ども。
オーストレィリアではすんごいのが釣れるんですね。(@@;
しかも70cm以上じゃなきゃキープできないなんて・・・。
私は一年中釣りしてても一匹もキープできないってことですね。(~o~)

ところで、そのドでかいの、スズキですか?
見たところ「オオニベ」的なヤツじゃないかと思います。
オオニベなら日本でも30㎏くらいまでいるそうですから、とりあえず56㎏も納得できます。

まぁ、魚種はなんであれ、いつも夢のある釣りでうらやましいです。
ドでかいヤツ、取っちゃってくださいね~。(^^)
Re: No title

手のひらアジ師匠
ご教授ありがとうございます!

硬骨魚類条鰭亜綱新鰭区棘鰭上目スズキ系
スズキ目スズキ亜目ニベ科オオニベ属
オオニベ
Argyrosomus japonicus(Temminck & Schlegel)

オオニベというんですか~
どういうタックルでどういう風に狙うのか時期はいつなのか
何も知りませんが
このモンスター
いつかチャレンジしてみたいです!


管理者にだけ表示を許可する