スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お後がよろしいようで

2014.04.09.Wed.15:01
3月29日
満潮AM7時10分
Tweed River河口へいざ出陣!
DSCN4726.jpg
日中画像だけど
この道を10分ぐらい行くと河口に出れます。
護岸工事されてないので河口一帯は干満の差でできた池や湿地帯が広がってます。
4時30分到着 
車を降りて海チェック。入り潮に5FEET位の東うねりが重なって水面はドラゴンの背中ようにうねってます。
ちょっとやばいな釣りになるかな?
試しに ジグヘッド1/2 OZ で投げるが右から左端へ3秒でビュー。
底をとるどころではありませんでした。
すぐに足元の岩に引っかけて終了。。。

車に帰り、コーヒータイム。
満潮前の流れが緩くなるタイミングを待ちながら ラインシステムを作りなおし。
そして 夜空が少し明るくなった頃リベンジ出発!
流れが緩やかになり、駆け上がり沿いに外洋からしっかりしたうねりが入ってきます。
このうねりが砂を運んできて駆け上がり辺りの海水が濁り始めます。
最近このタイミングでいい思いします。
波がブレイクすると沈み磯の周りにさらしができる
そこにルアーが来たときアクションできるよう潮流と波のタイミングを計りながらキャストする。
うまく岩のある駆け上がり底のほうにルアーを通せたんでそこから大きくシャクルと
ガッツリと竿をひったくられHIT!
横にビユーーン!外洋に向かってグイグイ走る
この引きは間違いなく アンバージャック
この釣り場の鉄則 強引にごり巻き、勢いでごぼう抜き!!
うりゃー
えっ?
魚、空中に浮いてる!?
なんと岩と岩の間に誰かが引っかけたラインがからまっててそのラインの中央に俺の掛けた魚が鯉のぼりのようにぶら下がってる。違う角度から引っ張ったりしてみるもうまくいかず 次のセットの波で50cm級と思わしき野郎は脱出成功。。
ついてねー。
釣りする前に海チェックした時”あんなところに誰かラインひっかけてるわ”と見てたのに。。。。
本日そのまま撃沈。
気を取り直してバスタオルを腰に巻きボードショーツに着替えようと中スッポンポン状態で両手で車からボードを出そうとしたところ
ビユッと風が吹いてバスタオルがほどけました。
アッ ヤベッと腰で止めようとくねくねしたがあえなく全裸状態
ププ―っと車のクラクション!
振り向くとフロントガラス越しにサーファーガール二人がVサインをしてくれてました。
悪い事があった後って
イイことあるもんですね!?



スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。