自然の摂理 Natural providence

午前4時7分、
夜空に光ってた南十字星がだんだん薄れ、日の出前の雲の一部がほんのり明るくなりはじめる頃、
俺の目の前に美しい光景が広がる。
日が昇るその一点からピンクのグラデーションが空全体を染あげ、
それを水面全体が鏡となり受け止める。
視界のすべてがピンクに染まる。
ホント美しいです。
空気が透き通っていてまだシーンとしてる静かな数十秒間。
ただ水面は、その一瞬の静けさの後、餌となる小さな魚やエビが水面をジャンプしたりざわざわします。
それと同時に鳥たちも鳴きはじめます。
その時間帯に水の中のプランクトンは一番活性化してる。
そして空気中の粒子?も活性してる。
おれ自身の細胞も一番活性化し、頭脳明晰な時間帯ではなかろうかと思います。
まっしかしながらその時間に金儲けのことでも考えてりゃいいんですが。。。。釣りキっちゃんですわ。。。
最近この時間帯に潮とは関係なくメッキの群れが通ります。
あの、ほかの時間もあると思います。。。。
トップシークレットだぜ!!
時間にして5分くらい。
その後深場へと移動していきます。
グループが過ぎた後5から10分後、一本大物が釣れる時があります。
それが終わるとシーン。

それとこの頃、
この時間帯に水面から水滴が逆に空に上がるように見える現象が起ります。
近づいてよく見ると1センチ満たない透明のエビ軍団が岸辺に沿って移動しています。
何万匹といるでしょう。
日の出の光線は水面に平行に近いので飛んでるエビはほとんど透明に見えます。
すごい光景です。
エビは跳ねすぎて岸辺の岩に上陸するのまでいます。
エビの群れの底には小魚が集まって狂ったように捕食してます。
水深20cmないようなところなんで10cm以上の魚は見ることはないけど。
深いとこでもやばいことになってるに違いない!

最近使ってるルアーのWAXWINGは、着水後、結構な速さで沈んでいきます。
そのくせ浮き上がりも早いので、流れのある障害物の多いところでもかなり使えます。
底にメッキがいる今、これ調子いいです。


本流との駆け上がりの奥10mめがけてルアーをキャスト。
着底するまでにグググっと来ました!
びびーんと横に走り、メッキ―って感じでした。
35cm!

DSCN4594.jpg

底を意識してるとククンとアタリ。
で、チヌを追加!
26cm!
こりゃ朝からツイとる。
にっこりです。
スポンサーサイト
Category: Trevally(GT メッキ)
Published on: Tue,  24 2013 14:00
  • Comment: 2
  • Trackback: 0

2 Comments

ryo  

No title

凄い美しい世界に身をおいてますねぇ!!!
早起きは三文の得と言うけど、憧れマッスル!
いやー地球に生きる、宇宙に生きる醍醐味さすが釣りキッちゃんサイコー!

2013/12/25 (Wed) 19:29 | REPLY |   

ROCKY  

Re: No title

日の出前の雰囲気いいよね。
魚釣れなくてもいい。
あの日、あの時間にそこにいれたというのがうれしいね。

2013/12/29 (Sun) 18:55 | EDIT | REPLY |   

Post a comment