スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KOCHIKOCHI

2013.10.29.Tue.15:13
水温上昇とともに魚の引きが強くなってくるのを感じます。
DSCN0143.jpg
こいつは、
Berkley Guip! Salt water 2”/5cm shrimp Lime tiger Glow
ジグヘッドSquidgy Round Head JIG 2.0g #4Hook

どーもしっぽばかり食われるので、アシストフックとしてシュリンプのしっぽ辺りにもう一針つけました。
そしたら100発100中フックオン!!
DSCN0142.jpg
フックオン!
DSCN0141.jpg
フックオン!
っていい感じで釣れてます。
奴らの腹の中は、エビとコノシロ7cmくらいのがはいってます。
けっこう過激なフィッシュイーターです。

スポンサーサイト
コメント
No title
ども。
でかい・・・というより太いマゴチですねぇ。(^^)
そちらではこのサイズでもお子ちゃまなんでしょう。
釣れる魚は一緒でも、日本とはスケール面で圧倒的な差がありますね~。
メッキ?はえびの偏食で釣りにくいようですが、そんな中で打開策を見つけるのも釣りの楽しみの一つです。
がんばってください。(^^)
チヌですが、日本でもいくつか先進的な釣り方が開発されています。
ちょっと古いですが、広島から発信された「Mリグ」とか、
最近では横浜発の「飴ちゃん」・・・もとい「キャンディー」なんて驚きの釣り方も開発されています。
ちょっと、日本のネットをのぞいて見てはいかがでしょうか?
もしかすると、チヌチャンピョンに自慢できるかもしれませんよ。(~o~)
Re: No title
> コメントありがとうございます。
コチもブルンと魚体をひねるファイトが面白いです。チヌは、(飴ちゃん)検索してびっくり、いろんなメソッドでいろんなアプローチできてこれまた面白いですね。いったいどういうきっかけで発想できたのか?
メッキのほうは、グーグル地図でポイント探し、車で現場見に行き~の、ルアー変え、ワインド練習したり、実は釣れないときのほうがはまっちゃってる?って感じです。
でも、う~早くあの引きを堪能したいです。
またよろしくお願いします。

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。