爆裂ビッグママ

2016.11.27.Sun.07:53
気温上昇、
水温上昇、
湿度上昇
ストーム北上、
さあ、さあ行きましょうか!

潮が橋脚にぶつかり
できるヨレの内側にあるウイードベット周りにベイトが付いて
そこに満潮周りでプレデターが回遊してくるとにらんでた。
しかも今日は満潮が朝まずめ。
ひひひ
秘かに狙ってたこの瞬間

着いてみると
少し向かい風、水面が風でざわついてる。
小雨がパラついてる。
匂いますな。
何か気配を感じますな。

そっと
ビデオカメラの三脚を立て、
そっとロッドを用意する。
向かい風でも、飛距離が稼げる大きめの14cmルアーをスナップに通す。
一投目、ビユッツ。
よしよし、狙いどころまでルアーが飛んでる。

あっという間にルアーが流される。
夜間の早い潮はむつかしい。
満ち込みの潮がぐんぐんルアーを、ラインを流していく。
狙ってる場所は、橋脚すれすれの駆け上がりにあるウイードベット周り。
橋脚や海底の石には牡蠣殻がびっしり付着してる。
ラインが擦れたら一発で切られる。

何度かこの場所でHITさせるも、魚に走られ、
橋脚にラインが擦れてプツン、取り逃がしたり、もちろんルアーもひっかけてロストしたことも。
十分代償は払ってる。
今日は、長靴を履いている。
魚が、橋脚に回り込んだ時、水辺に入ってラインの角度を和らげ
一気に障害物から引き離す作戦だ。
ドラグもばっちり調整してる。

バシャ!バッコン!
橋のコンクリートにより捕食音がこだまする。
来た!
待ってたこのタイミング!

心臓がドキドキする。
落ち着け。
一呼吸入れ集中力を高める。

キャスト、糸ふけをサッと取り
ルアーを潮に乗せながらドリフトさせ橋脚すれすれで
ドリフトUターンさせてスローで引き始めると
グン!
手に伝わる大物の重さ!
よし来た!
水面爆裂
ドラグ ギジーッ
持っていかれる!やばい!

左手でスプールを覆いラインを止める
さらにそのまま左手の人差し指と親指で
ドラグをMAXまで締める。
何度も頭で描いてきたこの一連の動き。
ロッドは暗闇の中で大きく弧を描いてる。
ク~ッサイコー
しかし重い!
両手でロッドを持ち上げ手前の牡蠣殻付きの石をやり過ごす
よし!
ランディング!
何とか引きずりあげた。
首にぶら下げてるライトで魚を照らしてみる。
ビビビッックリ!!
メチャメチャでかいフラットヘッド!ビッグママ!
クワッツ!!
ヒクヒク、
いい年して釣りで泣きそうになる自分。
吠えていいですか?
ルアーフィッシングサイコー!!

動画をどうぞ
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する