スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まっさん第1話 恋の始まりは突然やってきた。

2015.10.15.Thu.21:11
10月中旬

沖にはクジラ
カモメが飛んでる
水面がキラキラしてる

満ち込の潮が良く動いてる

雰囲気いい

ぶっ飛びルアーを水平線めがけてフルキャスト!
気持ちいい~
足場から水面まで8mくらいあるので
足元まで引けるルアーは限定される。

ウお~っと声!
なんと釣り友の引いてきてるルアーにでかい魚影がついてきてる!!
足元ギリギリの岩で反転
惜し~
ってでかかったやん
やばいよ
やばいよ

ピックアップ寸前までルアーを引きたいので
ミッドダイバータイプに交換
20m位まで引いてきたところで
俺のルアーの後ろに
デカい魚雷みたいなのがついてきてる!
あまりの巨大さに一瞬で
俺のタックルスペックではどうにもならんわ
と悟ってしまった。
が、
心臓バクバク
声上ずり
足ガクガク
もちろん手も震えて
ルアーをちゃんと引けなくなって
魚に見切られすーっといなくなった。
ルアーを回収しても手の震えが納まらない
こんなこと初めて
これではキャストもおぼつかない

ロッドを置いて 両手を広げて深呼吸
ふ~っ
PEとリーダー、ルアーの結び目をチェックしなおす。
まだ手が震えてる。

キャスト!キャスト!キャスト!
何十投目かもうわからん

頭がグルグルになってきてる

すると今度はルアーの後ろに7匹魚影が見える
さっきよりは小さいがどう見ても80cm~100cm優にある。
やばい
ばいや~
う~んしかし見切られる。
ついては来るけどもう一歩スイッチが入らんね

よしポッパーで興奮させよう
130mmのポッパーをフルキャスト!
潮流は結構早い
ポッピングするたびにすごい速さで横に移動する。
でもいい感じ
数投目
15m先、ポッパーの横にデカいヒラマサが!
やばい!
どうする
下手はできない
小さくポッピングさせると
グッと近づいてきた!!!
魚影が浮上して130mmのポッパーを吸い込むように
丸飲み
H I T !
反転
魚の体重が一気にロッドに乗る!
追い合わせを3発グッ、グッ、グッ
と同時にドラグ ギャーッー
やばい デカすぎる
水面まで、かなり距離がある
岩も降りられない
どうする?
ってかラインがどんどん出て行く
主導権争いどころじゃございません
両手でロッドを握ってるだけで精いっぱい
足元もやばいし腰も砕ける
思いっきりやられてます
ドラグを締めなおす
あれ?
ドラグを思いっきり締めなおす
あれ?
とっくにフルロックしてる
しかし、信じられない勢いで全く止まることなくラインが出て行く
すごい速さでスプールのラインが少なくなる
こんな経験、初めて
俺自身も魚の進行方向に向かって引きずられていく
もうどうしようもない
うまい具合にいい足場にやってきた
よし!
応戦開始ジャーッ
と思ったらフッ

ラインブレイク。。。。。。。

頭、真っ白
岩の上でしゃがみ込む

えーっと
切れたPEの端を確認する
擦れてる
爆走りされ岩に擦ったか、魚体に触れたか

どっちにしろ
今のタックルではどうにもならんかったわ

元の足場に戻るも
しゃがみ込んで何もできない
普通なら速攻システムを組みなおしてキャストだけど
どう考えても魚の方が100枚上手だった
俺が持ってるロッド、リール、PE、リーダ、スナップ、スプリットリング、結び方
すべて考え直さなければどうしようもない
さらにどうやってランディングするのか
そして俺の経験値が無さすぎる

今までの釣りとは全く違う経験をした。
残念だったというより

何か爽快でさえある

見上げたら透き通るような青空
水面はキラキラしてる
いい日だった
ほんとうにいい日だった

動画をどうぞ
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。