スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーストラリアやるね!!

2017.06.13.Tue.18:11
 先週、まだ天候がいいときに

SPITに釣りに行ってきたときの話です。

釣果はなかったのですが、

店じまいをして車に戻る道すがら、

フィッシングラインが落ちてたので回収してると、

向こう側からゴミをひらってるおじさんが来ました。

ありがとう!

ってあいさつし、握手しました。

手に、フィッシングラインを持っていました。

おじさんは、鳥が傷つかなように回収してるんだと説明してくれました。

そのラインを頂戴していいですか?

僕が持って帰ります。”

と手を出したら、

ゴミを持ってない方の手で握手してきました。

俺、”ちゃうちゃう、ゴミ持って帰るから俺に頂戴”

おじさん”お前はフィッシングラインを回収してくれてる。ありがとう”

と再び握手を求めてきました。

朝一のひととき、

握手をやりあって二人で笑ってしまいました。

ボーズだけれどすごくいい日になりました。

おっさんありがとう。

駐車場についてみると

なにやら新しいポストが立ってました。

DSCN0474.jpg

釣り糸や、釣り針用のゴミ箱です。

鳥や野生動物が傷つかないように、

そして万が一傷ついた鳥がいたらこの電話番号に電話してください。

いいものを見つけました。

このデザインをそのままTシャツにしたい。

イカシテル!



おい、ROCKY、最近全然釣れてないんじゃないの?

(´・ω・`)


よろしくお願いします。

ありがとうござます。
スポンサーサイト

ズージャーなメッキマン

2017.06.09.Fri.16:44
 今朝は、淡水に行くか?海水に行くか?

迷いながら、

ライトタックルを車に積みこんで出発。

道場に寄ってみると、

潮が動き始めたところだ。

ベイトも確認できる!

今からいい時間帯になるぞこれは!

即、車に戻りタックルを片手に橋の下へ。

東の空が紫色になってる。

自分の前の水面はまだ暗い。

ひんやりした朝の気配。

この雰囲気が好きです。

一日の始まりは、この感じを味わいたい。

この全てを壊さないようにそっと、

静かにルアーの用意をする。

遠くの水面が鏡のようになってる。

そこに、朝焼けが映り、

視界全体が柔らかいオレンジと、やさしい紫に包まれる。


ルアーをキャストする。

頭の中に、静かにJAZZYな、

繊細なブラシ音が流れる。

シーンとした朝の空気に

集中力が高まる。

ググっッ!!

キタッッ!!

ピアノがインパクトを入れてくる。

グググ

この引きはいい型のメッキだ!

サックスが入ってくる。

ライトタックルならではの緊張感が

いい感じでスイングする。

ラインを通して魚との駆け引きが手に伝わってくる。

ピアノサウンドがスピード感を演出し、

サックスが答える。

ランディング。

bita04kara-mise20170515053150 (2)

今日は、ズージャーな朝だった。


動画をどうぞ。



よろしくお願いします。

ありがとうござます。




海砂利採取船についてどう思いますか?

2017.06.07.Wed.13:45
 今回のつぶやきは

偏った考えかもしれません。

そういうことを前提に読んでください。

釣り話を期待されてる方は申し訳ないです。

今回は、スルーしてください。。。

俺のホームスポットであるツイードリバーの河口域

3月から海砂利採取船が日の出前から出動します。

もうかれこれ3か月。。。

船は、ロックウォール先端からほど近いところで作業します。

海底から海砂利を採っています。

DSC_0525.jpg

高知に住んでるころ、瀬戸内海側での海砂利採取が法で禁止され、

愛媛の海砂利採取船が、わざわざ遥か、四万十川河口にまで採取に来ていたのを思い出します。

どんだけ燃料使っも採算合うんだ。

高知県の法整備が遅れているんですね。悲しい風景でした。

採取する時にいらないものを投棄するので

礫質と泥質の堆積物が海中に投棄されることになる。

結果として、海水が濁る・魚類のエラ呼吸が妨げられ悪い場合には死に

至る、死なないまでもその海域を危険と認知し回避するようになる。

海水の濁りは海域の透明度を低下させ、

植物プランクトンや海草類の光合成なども阻害することとなる。

また、そうした「粒子状物質」は再び海底に沈むまでに長時間かかる。

濁りの実体である微粒子は周辺の海域に拡散する。

ゴールドコーストは、建設ラッシュでたくさんのコンクリートがいる。

たくさんの砂利がいるということです。

タダのものを採って売るのは一番儲かる。

これからもガンガン採ると予想されます。

生態系が、自然環境が侵される前に。。。


よろしくお願いします。

ありがとうござます。

釣りポイント開拓中

2017.06.05.Mon.09:00
 グーグルマップで世界中のコーストラインを見て、

おっここは、ショア―からすぐにかけ下がりになってる。

潮通りも良さそう~とか見てますがそうそう行けるものではありません。

それでも、釣り人なら誰しも、未知の釣り場に憧れますよね。

今日は、そんな冒険心を少し持って釣りに行きました。

ほぼ近くの波止で釣りをする庶民派ROCKYですから、

家からポイントまで日帰りで行ける範囲でのポイント開拓話です。

今や情報時代ですからネットで検索すれば

釣り場情報や釣果情報を得ることができます。

有名釣りポイントだと、いつも釣りしてるローカルの方と仲良くなって

情報収集できる可能性があるし、誰かが釣ったらどんな魚種が釣れたか、

どんな釣り方だったのかも大体わかります。

開拓の条件は、

釣り人がほとんど来ない、ローカルが住んでいない場所、

ネットで検索しても引っかからない場所。

ソコにたどり着いたとて、

刻々と変わる自然条件、人的条件

その釣り場がどんな条件の時、どういう理由で魚が寄ってくるのか?

その時に、その条件に合ったタックルの設定、ルアーの選定、アクションの仕方、

無限にも思える組み合わせ。。。。

頭がぐるぐるになってしまいます。

とりあえず行ってみよう。


駐車場から、釣り場まで40分以上かかると思われる。

魚種の選定が出来ないので、いろんなルアーをタックルBOXに

詰め込んでいつもの二倍の重さ。

バッグが重たい。。。

ただ、気分は探検隊です!

出発~

森を抜けるとビーチが見えた。

ビーチを歩き、その端っこに

グーグルマップで見た、

ドン深のかけ下がりがあります。

ひたすらビーチを歩く。


DSCN0076.jpg

思ったより遠いです。日が上がってしまいました。

ビーチをまわりこんで目的地が見えた瞬間

ビユ~ビュ~

思いっきり風吹いてる。。。。。。

到着。

風は、正面右から左へおそらく15ノット以上あるでしょう。

キャップが飛ばされそうです。

プラグを投げれる状態ではありません。

80gのジグをセットして一投目、

PEラインが太いこともあってが風にあおられ全くボトムをとれない。

さらに風が強くなる。。。。

120gでもダメ。

RODも風にあおられる。

強風に巻き上げられた砂がサングラスの隙間から目に入る。

無理

せめて、海流や水深を調査したかったけど、目を開けてられない。。。

退散。。。。。

またまた長い道のりを車まで帰っていくのでありました。。。。。

は~ポイント開拓はむつかしいです。


よろしくお願いします。

ありがとうござます。

新しいルアーをGET!アクションは?

2017.06.03.Sat.19:16
 日の出前、風速10mすでに吹いてる。

ラジオDJが体感気温7度!!とか言ってる。

ゴールドコーストは、四季をほとんど感じない。

夏から冬、そして夏。

2季。

今週から一気に冬。

一番冷え込む日の出前、空気が一番きれいな時間。

ボーズでも夜開けの時間を楽しみ、充実した時間を過ごせる。

でも、寒~い。

先日、NEWルアー(シンキングミノー)をゲットしました。

飛距離、動き、リトリーブ速度などを、チェックするために出かけました。

まずは、岸寄りで軽くルアーを投げて目視でチェックする。

ゆっくり引くと、小さくローリングしてる。

アピール力は少ない。

ミディアムリトリーブすると、

ルアーのリップが水をつかみ手にぶるぶる感が伝わる。

寒いので魚の活性が悪いとこのスピードは追ってこないかな?

今度は、ミノーを表層からラインフリーで沈めていく。

ギラギラと沈んでいく。

オオッツ!

いい!

少しロッドをシャクる。そして沈める。

いい動きしてる!

移動距離は短く、だけどアピール力があるルアーは、魚の動きの悪くなる冬に良さそうだ。

フムフム。。

フルキャストしてみる。

70mmにして11g

距離も稼げる。

いいんじゃない?

よし、深場に投げてみる。

ラインを送りながらボトムにタッチさせ、

メタルジグのように、ロッドを少しあおって、ブルブルアピール。

フリーフォールさせ、ボトムに落とし、ロッドでリフトしてアクションさせる。

3回目のフォールで

ゴン!

フッキング!ON!

魚が抵抗してる。手に伝わるぶるぶる感、

ロッドの穂先がグングンする!

ブリームだ!

引きを楽しんでると、

岸際で一気に横に横っぱしりして、

木の生い茂るオバーハングに入ろうとダッシュした!

慌てて親指でラインの放出を止め、

ロッドを操作し、魚の頭をこっちに向けさせる。

そのまま足元に誘導し、

ランディング。

きれいな魚体だ。

DSC_0548.jpg

うれしい一匹でした!

動画をどうぞ
/span>


よろしくお願いします。

ありがとうござます。

かなりの飛距離を稼げ、ボトムラインをトレースしやすいです。
ブリームに最強です!

アイマ(ima) 魚道 サバイバー 70

価格:1,652円
(2017/6/3 18:33時点)
感想(0件)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。