スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

AUSTRALIAN BASS 狙ってきました。

2017.04.29.Sat.19:09

 いまだ
洪水の影響が残り
ゴールドコーストの水質は良くありません。

い~や、長すぎます。
いつもならイカのシーズン真っ只中なので
ちょこっと見には行きますが、
ウイードベットの上に砂や泥が堆積していました。
当分イカれんな。。。

さらに河口付近に砂利採取船がウロウロ

ほぼ壊滅状態。

そこで、今日は

淡水調査に行ってきました。

茶色い。。。

そして、
水面シーン
いつもいてるエビや小魚のライズは全くありません。

まだハヤイカナ、、

やってみよう

ここの定石
ポッパー
いろんな攻め方をしたが

ノーバイト。。。

やはり、濁りが強いと表層は見えにくいし
意識しないか。。
水温も下がってきたし
底にいるかも。。

じゃあ
波動を強めに出すルアーで底狙い。
日ごろこのポイントでは
水草を100%ひっかけるので使わないけど
たぶんここの水草も泥をかぶってると予想して
小さめのバイブレーションで
ボトム攻め

伝わってくるのは
ボトムの柔らかい感じ
やっぱり泥が堆積してる。
いつものところにはいない
状況違うな

次に
橋脚まわりの影側のギリを
ミノーでせめよう
キャスト~
少し早めにジャークを2回入れて
橋の下からオープン側に出し
ジャークをもう一度入れると
ドン!

気地イイ~
一本!
今度は橋脚に向けて
キャスト
ちょっと届かんかった。。

着水
りールをまきはじめる
ドン!
ほっほ~
いい感じ
引くひく
イヒ~
2本!

場所移動しましょ
ここも水質悪いよ。。
釣れそーにないなあ。。。

あっでも鳥が騒いでる!

やってみるか
キャスト~
あれ?
ライントラブル。。。ブル。
ぶる
ぶる
、、。。。。
よしOK
リールを巻こう
ルリルリルリ
ドン!

びっくりした~!
HIT!
何という
ラッキ~ヒット!

ありがとうございました~

お時間ござれば、動画どうぞ





使用ルアー;ima sasuke SF-75
DSCN0352.jpg

細身のシルエットにメリハリの利いたアピール力。
リールを巻くとそれだけで使い方がわかる扱いやすさ。
トレバリーからバスまで
淡水、海水、汽水域、どこでも使える。
かさばらない
ルアーケースに必ず入れてる信頼の一本です。

アムズデザイン/ima サスケ/sasuke SF-75 #SKF75-006/イワシ

価格:1,409円
(2017/5/7 13:35時点)
感想(0件)



使用ロッド
メジャークラフトSPEED STYLE
非常にバランスが良く、キャスト時のガイドの糸抜けもとてもいいです。
バットパワーがあるので40cm級トレバリーや、50cm級BASSも余裕でいなします。

●メジャークラフト スピードスタイル SSS-67ML 1ピース (スピニングモデル)

価格:17,280円
(2017/5/7 13:38時点)
感想(0件)





スポンサーサイト

海は、チョコレート

2017.04.20.Thu.16:52
 台風が過ぎて2週間。
まだ海の色は、チョコレートです。

しかも、未だ、木の葉や枝、大木まで流れています。
夜釣りでミノーを表層で引くと何度も枝を釣ってしまいます。

淡水湖や、カナルの上流も未だ回復していません。
みなさんぼちぼち釣ってるみたいですけど。。。
俺、ぽろっと釣れたテイラーくらいです。
連続ボーズ記録更新中。

今週もさらに雨が降り、
釣りにならないので
川の上流はどうなってるか調査にいってきました。
DSC_0280.jpg

DSC_0282.jpg

まだ当分チョコレート工場ですな~

ニュージーランド釣行2

2017.04.10.Mon.21:03
DSCN0341.jpg
Nelson から D'Urville Islandに向けて出港、
この島は、ニュージーランドで8番目に大きな島で
約52人の島民がいます。
ガラガラです。。。

島の稜線が一気に海まで崖のような傾斜で落ちている
海の中もドーン深くなってるだろうことがわかる
岩礁が点在してる
そこに複雑な潮流ができる
最高のポイントが出来上がる
景色=絶景、海の色=クリアブルー。
最高です。

オーストラリアの
ソルトウオーターフィッシングガイド
converting fish lengths to weights(魚の長さと重さの対比表)
キングフィッシュのページをTroyさんに見せたら何やらキャプテンと談笑してる。

Troyさん、” ROCKY、ゥヒヒ、Nelsonのキングは太いよ、まん丸だよ”

キタ――(゚∀゚)――!!

キャプテンが、

GO!

Troyさんが、

” ショウタイム !!”


あのシーン、このシーン、
強烈なファイト、
アングラーの真剣なまなざし
真っ白になるあの感じ
それぞれが自然と一つの目標を共有し
チーム一丸となった高揚感
どんちゃん騒ぎしたあの夜
夜な夜な語り合ったモーテル

それらを大きく包み込んでくれるNZの大自然

記事を書いてると

こみあげてくる思い出

胸が熱くなる

PCの画面がぼやける

ありがとう

この旅で出会った
 
みんなに会いたい

涙があふれて止まらん。。。


なんやねん

おっさん、涙もろいの~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。