ポッパーでメッキ、イケカツオ、ゲト!

2017.01.25.Wed.19:59
 めちゃ暑いっす。
夜も31度越え。
なのにロングスリーブに長ズボン。
蚊が多いんですわ。虫よけスプレー必須です。
一時間も釣りしたら汗びしょびしょです。
夏満喫!
汗かいた後のシャワーも気持ちいい~。
ポジティブに考えて見ました。
水温25度、クラゲ大発生中、サメもイルカもジャンピング!
水際は騒がしいですよ。

魚も積極的にルアーを追ってきます。
そうなるとポッパーの出番!
ポッパーというルアーは、ポコ゚ン、ポコポコと小魚を捕食する音を出させたり
弱った魚のように泳がせたり、ロッドアクションで演出し、
ターゲットの魚にアピールし、振り向かせ、興奮させてバイトに持ち込みます。
これでHITさせると、
水面がさく裂して視覚的に、バシャッツという音で聴覚に、
釣り人も興奮します。うひー。
相当楽しいんです。
今朝は、クイーンフィッシュ(イケカツオ)、ビッグアイトレバリー(メッキ、エバ)
二種ゲトしました。

動画をどうぞ




スポンサーサイト

ライトショアジギング

2017.01.21.Sat.12:18
 前回も書きましたが
ライトショアジギングやってます。
細かく言いますと、ショアスローですね。
ボトム取って、ちょちょん、ちょちょんとしゃくりあげて、又ボトム取って
そういうやつです。
DSCN0270.jpg
いろいろなパターンのアシストフックをフィールド別に使い分けています。

ボトム感知力を高めるためにラインの号数をいろいろ変えたり、
これまた
ハマっとります。

自分のよくいくフィールドの地形を
フックなしのジグで細かくボトムをたたき
調査しだすとこれまたいろいろな情報収集できます。
これは、プラグでの釣りにも応用できて
ここでテゥィッチを入れようとかそういうパターンが生まれます。

ボトム重視でやってると表層ではなかなかお目見かかれない魚が釣れたりもします。
DSCN0246 (2)

オーストラリア、初 真鯛っす!!

これ、うれしかったっす。

2016年振り返って、2017年どんな釣りしましょうか。。

2017.01.21.Sat.09:58
 去年の釣りを振り返りますと。
プラグでの釣りがどんどん大物狙い一筋になってきて
PEライン50lb、ショックリーダー80lbなんてブットいことになって
トレブルフックなんかもサイズが1/0
リールもSHIMANO6000番が小さく頼りなく感じたり。。。
大物を夢見て、これまた楽しいんですが、
50g前後のプラグを思いっきりキャストして、テゥィッチやジャークしたり
80g前後のジグを投げたおし、酷使し、
気が付けば
いつも使ってるリール、どうも調子が悪くなってきました。
スプールにきれいにラインを巻けなくなってきて、
さらに、
ルアーを引き始めるとシュワシュワとうなりだしました。

夜の釣行なんかだと周りが静かなのでこのシュワシュワがうるさいのなんのって。。。
完全にラインを通して水中にこの音が伝わり魚に警戒心を抱かせてる。
オイルアップや、グリスアップ、自分でばらしてクリーニングしたりしましたが
どうにも修理できませんでした。

いろいろいい経験をさせてもらったリールなのでかわいいのですが、
そろそろ寿命。だんだん触らなくなってきました。
懐事情もあってすぐにはリールは買えない。。。

 10月、次に始めたのがのミディアムヘビーのジギングロッドにSHIMANO4000番、
PE1.2号、ショックリーダー20lb~40lbをセットしてのライトショアジギングと、
このタックルでのプラッギング。
ラインを細くしたことによって、潮流の速い時間、
以前の太いタックルでは60gのジグではボトムをとれなかったのに
今は40gで十分。しかも空気抵抗も少ないので遠投も楽。
Kガイドの糸抜け感は抜群!
リールもロッドも軽いのでお手軽感半端なく、楽しみハジメマシタ。
マサ子が来たらやばいですが、中型青物なら、このタックルで十分でごぼう抜きです。
ただ、頻繁にラインチェックをするようにしてます。

 12月、オーストラリアンバスにはまりだし、
SHIMANO2500番に
PE0.4号、リーダー8lb
どんどんラインが細くなっていきました。
でかいリールを買うつもりで貯金してたのに
ベイトキャスティングロッドとベイトリール買ってしまい、
俺の釣り、どの方向に行ってるねん?
と一瞬考えましたけど
この繊細な釣りも病みつきに!

暴風雨の土曜日の朝
釣りに行けず、
今の自分を振り返ってみました。

2017年
さあどうしましょ?

釣りって本当に面白い。