10月30日サーフェイスルアーでやってみました

2014.10.31.Fri.18:40
メッキちゃんの行動がどんどん早くなってきた。
早朝の釣りを楽しんでるつもりがそろそろ夜中と言わなければならなそうな3時50分到着。
水温もぐんぐん高くなり高活性!

で、サーフェイスルアーでチャレンジしました。

鏡のような水面がビシュッと割れ、ガッツリとルアーにアタックする動画をどうぞ!



最後にブラックスワン、黒白鳥がやってきました。でかいですよ1m位あるのかな?
フィッシング終了の合図です。魚たちはみんな深みへ移動していきました。

釣果
BIG EYE TREVALLY ギンガメアジ 38cm
BIG EYE TREVALLY ギンガメアジ 37cm

サーフェイスルアーでの釣りは、HITの瞬間をバシャッっとど派手に演出してくれるのでドキドキしますね。

久々に吠えちゃいます。

ルアーフィッシングサイコー!
スポンサーサイト

10月29日ロウニンアジ50cmゲット動画UP!

2014.10.30.Thu.16:26
10月29日
早朝4時10分
今日は5日ぶりに無風です。
空の色が美しいです。

日の出前で光量が少ないけどなるべくオリジナルの空の色をを撮りたかったのでノーマルモードで撮影しました。
鳥の鳴き声やリールのドラグがジジジと唸る音をBGMにお楽しみいただけたら嬉しいです。
メッキが何百匹もの小魚を追いかけてるシーンもあります。



今日も D-CONTACT、SHIMANO WAXWING はフラれ続けました。

HITは、最近チョーAランクのこのルアー。
前方のフックはメッキちゃんのファイトにより変形してます。
DSCN0163.jpg

釣果です。
BIG EYE Trevally ギンガメアジ40cm
GIANT Trevally ロウニンアジ50cm
DSCN0158.jpg

50cm級になると唇も太いね。
DSCN0160.jpg

オッシャーッ!!

10月28日初めて動画をUP!

2014.10.30.Thu.05:14
10月28日
早朝4時15分

初めて動画を撮影しました。
そして初めてYOUTUBEUP
いろいろ初めて事があったのでかなり手間取ってしまいましたが、
何とか公開できました!

それにしても自分のフィッシングスタイルを初めて見ましたが、
ギコチナイデスネ~ 俺。。。。
しかも2匹目の魚のリリースは背びれがタオルに引っかかって一回失敗してます。
トホホ。。。。
誰もいないのに初撮影でキンチョーしてんのかな~?

お見苦しい点も多々あると思いますが、どうぞ見てやってください。
ナイトモードで撮影したので赤外線でグリーンな画像になってます。

ヘタクソ―とかヤジってやってください。

よろしく!




釣果は、バランスを取り戻したDーCONTACTはHITせず。
SIMANO WAXWINGも HIT せず。
9cmのチャートカラーシンキングミノーで 3HIT!

BIGEYE ギンガメアジ 35cm
BIGEYE ギンガメアジ 37cm
QUEENFISH イケカツオ 40cm

10月26日

2014.10.28.Tue.14:15
早朝4時15分
d-contactのフックが折れちゃったので
owner size6 super needle point
に前後付け替えました。size6でも実は干渉しあってます。
が、バランスは戻りました。
薄明りの中、いつものコースにキャスト!
魚信をサーチしながら扇状に投げていく
ツンツンツン、ツンツンツン、ツングググ

26102014 001

よっし!BIGEYE ギンガメアジ31CM
 フックを外してると捕食音が!
しかし単発で終わってしまった。

じいーっと水面を見回す
今日は、エビが見えない。
しかーし 小魚いてるいてる!
26102014 010
今日は魚の川
水面がざわざわしてる。
シャッターを押したらファインダーの左に単発ボイルが!!!!
ええ?このタイミングカー。。。
26102014 006

またシーーーーン

ちょうど日の出です
26102014 009
うっすら朝もやがかかりとても美しいです。

ルアーをチェンジして、沖合を攻める
つんつんつんんんつんつんつんんんつんnnnnn!
ぐぐぐ
よっしゃー
26102014 002

26102014 005
BIGEYE ギンガメアジ 40CM
今日はこのへんでお開きの時間になりました。
帰りに岸を歩いてると
26102014 013A
ズババババ ギュンギュンジュジュ=!!
メッキちゃんが小魚を追っかけてます!
おいおい仕事行きたくなくなるやん!
26102014 018

BIG EYE いろいろ

2014.10.26.Sun.02:25
10月25日
早朝4時20分
25102014 019

もう明るくなってきてます。
今日は水面が静かです
エビの川がありません
活性化する時間が変わってきたのかな

とりあえずD-CONTACT
いつものパターンでサーチします
対岸の駆け上がり
橋の下
沖合
船道んんん!
キター!!
25102014 014
よっしゃー!
BIGEYE ギンガメアジ 40cm
25102014 006
いかん暴れすぎて砂のフリッターになってしまった~
すぐにキャスト
HIT~!
BIGEYE 37cm
またもや砂のフリッター画像でしかもピンボケこの画像はのせれないなああ

ちょっとアタリが遠のく
ルアーを少し大きいフローティングミノーにチェンジ
着水と同時に大きめのテゥイッチを一発してアピール
そして小さめのテゥイッチで狂わすと
HIT=!

さらにHIT~!
25102014 008
BIGEYE ギンガメアジ 40cm

25102014 009

うしし調子がいいのだ

今日はエビの川が無かったけど
ギンガメアジ大集合だった。
もしかしてエビの川がいつもの岸寄りではなくて船道にあったのかなあ?

下の画像みてください
25102014 013
同じ時間に釣れたけど
上のは、黒っぽく、下のはかなり黄色いですね。
写真より実物はもっと黄色いです。
そして下のが目が赤い
REDEYE TREVALLY JAH~!

10月24日アア――ッ

2014.10.24.Fri.19:40
イイ感じで日の出前に楽しませて頂いてる今日この頃です。
メッキちゃん、俺のいつも行ってるエリアをある条件が整ったときにススッと通り過ぎていきます。
いまは引き3分の引き潮の流れに乗って、船道、橋脚等に着いてるベイトを狙いつつ
3分間くらいかけて通り過ぎます。
そのタイミングを誤ると釣るのは難しいです。
イツキのメッキというのはいないです。
今のところそれをうまく当てれて毎日、20分早くずらしながら釣行してます。
そのうちこの条件が崩れてボーズの日がやってくるでしょう。
なので今、釣りまくっときます。

最近スミスの営業マン状態です
D-CONTACT
行っときまーす!
22102014 009
オッシャー!!
HIT!!
うしし
22102014 011
ばっちりランディング。
ロウニンアジ40cm
鰓蓋上部にクロ色斑。しかしゼイゴの数が23ある。数で言うとオニヒラアジ。
体高あるのでロウニンかな?
ちなみにロウニンアジは18~20だったと思うけど。。。
どっち?

さらにもうワンチャンス!
HIT!
しかし、ククンとロッドが跳ね上がりフックアウト

22102014 026

フロントフックだったんですね、
2本折れてました
逃がした魚はデカ。。。

本日終了

ところでエビの川やっとまっしな画像が撮れました。
22102014 016
こんな感じでエビの川が岸に沿って流れていきます。
BIGEYEギンガメはこれが大好物です。
ロウニンアジは小魚を捕食してます。
好物が違うんjですね

22102014 023

いつものアップ画像
男前です

22102014 024



10月22日釣行

2014.10.23.Thu.17:24
だんだん夜が明けるのが早くなってきました
本日、AM4時30分
いつもの所に到着
日に日にベイトが増えてくる
本物のエサがいくらでもあるのでルアーを追わなくなる日が来るのが心配になってくるくらい。。。。

D-CONTACT
調子いいっすね。
釣り友に言ったら、
前後違う大きさのフックなんて付けたら泳ぎが変わっていい結果は期待できない。
まぐれまぐれ。フックの大きさを変えるだけでバランスが崩れて良くないよ。
俺もそう思う。
だけど成績優秀なんです。
この変なバランスがいい結果を生んでるのかなあ

結構暗い中、状況を把握するために
シンとした水面を左端からズーット奥そして右端まで見渡す
目が慣れてきたので足元の浅瀬をよく見るとエビの大群というかエビの川?が流れに沿って移動してる
スゲー
懐中電灯で照らすとグワーっとフラクタブルな映像を見てるような動きをしてる。
まるで地球外生命体だ
すると対岸側
ビジュジュジュジュ
軽めのメッキの走る音!
そこへキャスト!
グググ
HIT!
22102014 001
BIGEYE ギンガメアジ33cm
よし!!

単発の動きだったのでその後沈黙
空が夜明け前の薄紫色に染まりだした
今度は船道辺りを
クククンクククンクククン
と誘う
一瞬 ラインがフケた
うん?
ググググググ
キター!
22102014 002
さっきよりでかいぞ
ロッドティプが
コココンコココンと
スゴイ上下運動をする
いい引きです!
左にグググイーン
ギラッとメッキちゃんが見える
よしよし
すこし岸沿いに一緒に進む
そしたらパッと向きを変え今度は右に
もうお腹がボトムを擦ってる
よしよしランディング
と思ったら
ジジジとドラグが唸る!
また一直線に沖へ走る!
楽しー
沖を一周してます
時折ロッドを立てれないほどのすごい抵抗を見せます
ウヒー
沈み岩が点在してるのでロッドを立てないとラインが擦れてやられます
ロッドを持ち直してちょっとだけ水深のある岸に誘導して
ランディング
OK!
22102014 005
D-CONTACTまる飲みです
ロウニンアジ45cm!!
種類アッテマスカ?
鰓蓋上部に白色斑。でオニヒラ?
体高があるのでロウニンアジですね?
個体差があるので難しいですね。
22102014 006

顔面ショット
22102014 008

いやーいい顔していらっしゃる
アリガトー!!

素晴らしい朝

2014.10.22.Wed.20:33
20102014 001
 AM4時40分
ぎりぎり日の出前に到着
久しぶりに無風の朝
クリアーな空気がとてもおいしい
水面が鏡のように景色を映し出して対象をつくる
自然はまさに芸術

まずは、D-CONTACTを対岸のどシャローに向けてキャスト!
朝の静けさの中にロッドを振る音がスット吸い込まれる
こういう瞬間がきもちいい
マジ浅瀬なのでルアーの着水音でベイトを散らさないように
サイドスローで投げ、着水ギリギリですこし手前にロッドを引いて
ふわっと水面に置くように心がける。
 半年間ほとんど内海で釣ってなかっので繊細なアクションを体が忘れてたみたい。
先週からリハビリをスタートしてだんだん思い出してきました。
バランスの悪い?改造ルアーも練習して竿の角度やリールの巻く速度を変え
いろいろなパターンをできるようになりました
外洋用の太い仕掛け、大きなルアーでの大胆なルアーアクションの釣も面白いけど
内海の繊細なロッドアクションの釣りはミョーに集中力が上がったりして頭脳ゲームっぽくてこれまた楽しいっす!
忘れてました!!
トトトんトトトん
ぐぐぐぐ!
HIT!
イヨ―ッツイテル
一投目!
難なく寄せてランディング
20102014 005
きっちりテールのでかフックにHITしてる!
35cm
今日はツイテル!

今度は沖合の船道めがけてキャスト
さっきの拍子で数投
けっこう水面はシーンとしてる
そこでリズム変更
とんとんトトトン、とんとんトト?
ググ
HIT!
エヘ、ちょっと余裕で撮影しちゃいました。
20102014 007


20102014 008
BIGEYE 40cm
こいつもテールのフックにHIT
D-CONTACT
調子いいです。

日の出、一瞬すごい景色に!
20102014 014
素晴らしい景色をみせてもらって本日終了

20102014 016

自分だけ流行ってるアップです
20102014 017

D CONTACT改

2014.10.20.Mon.18:04
この間、D-CONTACTのオリジナルフックが伸びて悔しい思いをしたので
思い切って。。。。
S-OWNER TREBLE SIZE 
むちゃぶりしてしまいました。
フロントも交換してしまうと後ろのフックと干渉しあってフックどうしが絡むので
とりあえず後ろだけイットキマシタ
どーなってもしらんずら
18102014 006

ルアーに対してフックデカすぎ!
どんなバランスやネン!
ぜったいテールから沈むやん!

昔、「クリープを入れないコーヒーなんて。。。。HITしてもバラシてしまうルアーみたいなもんだ」
ってあったけど?

HITしても結局フックを伸ばされてバラスことを思うと
「クリープ入れすぎてもうまいかな?」
みたいな考えをしてしまいました。
いけるのかな?

本日、AM4時50分着
水面エビってます。
もちろんクリープ入れすぎをセットして
第1投目
普通に速めのトゥイッチを連続したら水面を割ってしまいました。
やっぱ頭が上がるのでダメなんですね。
そこでカウントして、ある程度沈めてスタート
はじめの何発かはイケるけど徐々に水面に浮かんできて結局ポッパーみたいに水面からジャンプ。。。
そこで糸ふけをさせない小さいトゥイッチの連続を試すとまあいける。。。
が食わせのタイミングは無し。。
もう、D-CONTACTのうたい文句の慣性スライドはできない。。。。
とかやってると

対岸に単発ボイル!!
水深20~30cmだ
D-CONTACTでは底の岩に引っかける恐れがあるので
フローティングミノーに変え
18102014 005

キャスト!
超シャローなので水面に着水と同時に
トゥイッチ!
一発目でHIT!!
きっちりランディングして
30cm一本

その後シーン

そこでまたD-CONTACTに変え
キャスト
キャスト
ルアーのバランスが悪いので動きがヘンになってるのか全く反応なし
もう日の出時間も終わり、
ルアーの動きが目で確認できるくらい明るくなってきた
練習しやすくなってきたので
色々試行錯誤してると
一つリズムパターンができてきた
ツンつくつくつくツン
これでいいのか?
このパターンで遊んでると
かけあがり近辺で
グググ―ッ
きたー!
ビューンとラインが張る
フロントフックに掛かってるかもわからんのでドラグは緩めにしてる
ジジジジジラインが出る
まあまあのサイズ
横にビユーンギラッツ
その時、テールのデカいフックに掛かってるのが見えた!
ヒヒョー!!
OK!
ドラグを締めてリールを巻く
左へ左へ流れに逆らいながら泳いでいく
でも大丈夫 
でかフックですから!
ロッドを立て気味にして沖へ行かせないようにしながら
そのまま
岸寄りに持ち込む
ヨシ!ランディング!
40cm BIG EYE!
きれいな魚体!
18102014 003

18102014 001

クリープ入れすぎてもおいしいやん!

いよいよメッキのシーズンがやってきた!

2014.10.18.Sat.08:39
今年の冬は、近年まれにみる砂漠気候でした。
俺の住むエリアなんか芝生も枯れ、家庭菜園も壊滅
車のフロントガラスにはいつも内陸からの風で運ばれてくる赤い砂で曇ってました。
汽水域も枯れて水の流れが無くミョーな匂いを放ってやばい状態でした。
しかし季節が変わり夏本番を迎えるこの1っか月、天候が崩れてくれてヒョウが降ったりいろいろありますが
恵みの雨が降り、徐々にではありますが、汽水域も復活してエビや小魚も帰ってきました。
そして、冬の間、汽水域では全く見ることなかった釣りキッチャンたちも水を得た魚?のように朝夕ロッドを振ってます。

17日金曜日
仕事前の朝一
満潮から徐々に潮が引きはじめるタイミングと朝まずめが合致するXDAYが明後日に近づいてる

外洋ではからっきし結果を出してくれないルアーだけど
汽水域では爆発的なポテンシャルを持ってます。
SHIMANO WAXWING 68mm 14g
18102014 004

こいつをセットして橋の下へ降りる。
ゴロタ石をソ―ッと歩き木々のトンネルを抜けると
目指すポイントがある
早朝4時50分 空がうっすらと明るくなってきてる。
足元に落ちてる葉っぱを水面に投げて水の速さをチェックする
まだほとんど流れてない満潮だ。
仕事の時間まで1時間、
引き潮が始まるかギリギリのところだ。
とりあえず 船道めがけてキャスト
シーン。。。。
2又合流地点にキャスト
シーン。。。
ちょっと休憩
水面を見てると少しずつ流れが出てきてる
それに伴って小エビが跳ね始めた。
小さなフグがその小エビを追いかけはじめた
そろそろ時合が来るかな?
もう一度、船道の駆け上がりめがけてルアーをキャストして
5秒カウントダウン
そしてミデアムリトリーブ
このルアーの特徴であるジグザグ運動がラインを伝って手元にぶるぶる感を伝えてくる。
時折小さくダートさせるとどっちに動くかわからないイリーガルな動きをしてくれる
これがこのルアーの面白いところ。操ってるのか操られてるのか。。。
ルアーの雰囲気を味わいながらの3投目
カウントしてから小さくロッドティップでアクションをつけ
アピールさせてもう一度カウントしてジラシジラシ
ちょうどロッドを水面に下げてラインと一直線になってる
グググググ
キター!!
グイーン
沖にギュギュギュギュズバーン
んんちょっとまずい!
ロッドを立てれない!
ロッドの弾力を使えない!
ティプが水面に付きそう
リールからラインがジジジー ジジー
フッ
スコッツ
突然ロッドの先がが空に向かって跳ね上がった
やられた~
デカかったぜ~
残念っす
ロッドの弾力を使えなかった。。。。
ルアーを回収、フックは伸びてなかった
掛が浅かったのかな
時間切れTIME UP
店じまい~
うう~うう~
今から仕事かよ
う~

やっと朝一ご近所シーズン来たか??

2014.10.11.Sat.08:44
 最近仕事が忙しく、土日出勤ざらざらで
いい時間帯にスカッと釣行できてなくしょぼってました。
が、そこは釣りキチっちゃん
チェックだけは怠りません。
この4か月全く反応無かったご近所ポイント
3週間ぐらい前から雨が降り出して気になり始めてたんです。
仕事に行く時と帰るときは必ず車を降りてベイトのチェックしてフムフムなんてやって。。。
(本当は一年中やってますわ。。バカですね~)
先週末辺りからベイトを確認
そして小さなエビの群れも確認できるようになり
後はそれを捕食する奴らが出てくるのを待つばかりの状態になってました。
本日、土曜日、休みっす!TWEEDREVERMOUTH!
朝一、外海は潮が引き過ぎてるけど日の出前からイットクカと
9FEETと12FEETのロッドを積み
車に乗り込んだ。
出発して1分、例のご近所ポイント。
とりあえず見ときますかと車を止め
てくてくと橋の上に行くと、夜明け前のうっすらピンクの光が雲を染めて
すごくきれいな景色を見せてくれる。
さて今日は、どんな日になるのかななんて思ってると
水面がにわかにざわついてる。
よく見ると小さなエビがぴょんよん跳ねてる
んん!!
なんか胸騒ぎがして
魚影は無いけど
10投だけやっとこうかな?
外海用に仕掛けを作ってたんで
9FEETのロッドにはFire Line 16.5LBのPEラインに
30LBのリーダー。クリップなんか18kg対応の3です。
確か一度も使ってないDコンタクト63鞄に入ってたよな
セットしてみると7グラムのDコンタクトルアーがアンバランスすぎる。
まあいいか?
10投だけなんでルアーBOXなしで
ポケットにペンチだけ入れて軽装で
ひっさしぶりのご近所ポイント
橋の下から順に叩いていきました。
ちょうど10投目、手前のかけあがりを攻めてると
対岸側で水面が割れた!!!
ビジュッ!ジュジュジュジュッ!
えええええいてるやん!!!
イヒョッツ!!!!
あそこにルアーを打とうと超高速でルアーを回収
あのDコンタクトが水面を飛び出すような早さで。。
なんと、そのルアーにアタックしてきた―ッ!!
グッツグッググ
HIT!!
イヒヒ間違いなくメッキ引きだ!!
ルアーのフックが小さいのでドラグを緩めて走らせる
弱ってから回収という消極作戦開始
右にビユーンとラインが走る
それについて俺も岸際を小走りに、
そっから奴は沖に走り底へグイグイ引っ張る
間違いなく40cmオーバーの引き
ドキドキドキドキ
めちゃ面白い!!
クク
んん?
スコッツ
しまった。。。フックアウト
ルアーを回収してみるとやはりフックが2本伸びきってる。
またやっちゃった。去年もDコンタクトのはじめからついてるフックでは
伸ばされる経験をしてたのに同じことをやらかした。
そして、このところ太い仕掛けで強引な釣りしてたからその癖もついとるな~
いやーまさかHITすると思ってなかった俺の負けじゃ~
しかし
過去の経験からこのポイント釣れだしたら10分くらいが勝負なんで
車にタックルを取りに帰ってる間に時間切れになると判断して
ペンチでフックをきつめに直して
すぐにキャスト
左右にダートさせると
ググググググ
キター!
右にグウゥゥ
ドラグゆるめる
左に走る一緒について岸を移動
魚のほうが岸に走ってくる形で魚影が見えた
そんなにデカくない
そのまま斜めに岸にランディング
30cm
このサイズならフック少し伸びでセーフ!
とりあえず一匹確保!

すぐに捕食音が聞こえる
そこにめがけてキャストー
着水と同時に
糸ふけ
え?
こっちに向かって食ってきてるのか!
そしてギユーン
バッコン!!
右にビユーッ
これはサイズあるぞ!!
今度はもっとドラグをゆるゆるにして
もっと時間をかけてゆっくり行こうと
あせる自分に言い聞かせる
ラインは130mあるので放置
どんどんどんどん左に走る
手でリールから出るラインをさわり少しブレーキをかける
がしかし放置し過ぎた
ああこれ以上いかれると桟橋に絡まる
というところでロッドを立てる
カックン
やられた
ルアーを回収するとまたまたフック伸ばされてハイ残念。。。。。
やっぱり無理なんですなトホホ
しかもラインも擦れてこんなんです。
11102014 046
しかたないかあ車に仕掛け道具を取りに戻り
急いで擦れたラインを切り、セットし直し。
小さい交換フック持ってないので
4番フックのついてるルアーをセットして
小走りに釣り座へ戻りその足ですぐキャスト
キャスト
キャスト
水面がしーんとしてる
ああああ終わったのか。。。。。
やっぱり時遅しかあ
ああ
同じ過ちを繰り返したー
がっくり
本日TWEEDに行く予定なので
店じまいいしよかあ
いやー久々の引き
惜しかったなー
とか頭で考えながら
数投
沖の駆け上がりめがけて
投げ続ける
あまり使ったことが無いルアーだったので
ルアーの動きを練習しよっと
遠投して大きめのジャークを入れる
あれ?
水面がざわついた!
ドっキューン
どドド!!!
ギュイーン!!!
キター!!
おいおい不意を突いてくるねー
しか~し
今度は、ルアーもデカいしフックもデカいよ~メッキちゃん!!
が、慎重にドラグを少し緩め
あ、いや強引なほうがいいのかな?
ああもうわからん
ギュイーン
ラインが水面を切り裂く
たぶんデカい!!
右に走った!
かけあがりにある岩場に突っ込んでいく
ヤツ賢いな
俺も沈ませないようにロッドを立てて応戦
なかなか頭をこっちに向けてくれない
ククック、ククックとくる引きにロッドを持つ手がしんどくなってきた
ロッドエンドを胸につけてリールより前の方に手を移動させる
よしよし今度は右に振れてきた
そのまま一緒に岸沿いに歩きながら少しずつ岸に寄せる。
ランディングのタイミングを見計らう
あと1m
既にメッキちゃんの腹が海底を擦ってる
よし、竿を肩にかけてラインを手で引っ張り
ずりずりランディング
成功!!
いよっつでかいぜ!!
11102014 043
おもいっきりまる飲みですわ
ルアーが反対向いてる
こんなかかり方は初めてに近いね
ルアーにがっついて思いっきり吸い込んだんですねメッキちゃん
1102014 044
堂々の47cm!!
11102014 049
なんと!
4か月ぶりに俺の庭に帰ってきましたメッキちゃん
よしよし
これでいいのだ!!

しかし、このサイズならフック伸ばされても仕方ないね。
4番フックつけれるサイズのDコンタクトがどうしても欲しくなるね。