スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

くじらパターンはあきまへん

2014.07.27.Sun.14:50
土曜日早朝
TWEED HEADS RIVIERMOUTH
DSCN5251.jpg
まあまあ波がありました。
波の飛沫かぶりまくります。
DSCN5252.jpg
こんな感じでずぶ濡れになった服を乾かしてます。

実は、DAIWAロッド1202H買っちゃいました!うひ~!
本日、初振り
カタログ上ではACTIONはHEAVYでFASTTAPER
ルアーウエイト20g~60g ラインウエイト7kg~15kg
初なんでロッドをいたわりながら40gのメタルジグをキャスト!
50m位のところにドボン?
思ったよりロッド全体がしなり、ラインを離すのが遅れました。
?同じFASTTAPERでもSHIMANOの9FEETは全体的に固く、ロッドの先で投げてる感じだったんで
だいぶちがうなーという印象

今度は、しなりを利用するように心がけて大きくふわーっという感じで投げてみました。
なんとPEラインを135mほど巻いてるんですけどそれを越えて
下巻きにしてたナイロンラインまで行っちゃいました。
おおおっそるべし飛距離!
こいつはヤベ―秘密兵器を手に入れてしまいました。
そしてもちろん足場の高い、岩ごつごつの水面からルアーをピックアップするのも
めっちゃ余裕
いいぜ!いいぜ!
しかし、やっぱちょっと重いね
そしてバットも太いからジャカジャカ巻やリフトアンドフォールを繰り返してると
腕がどっと疲れました。
まっ、いいエクササイズですね

そうこうしてると待望の初HIT!
グイーンと長竿が曲がります。
HEAVYアクションは魚のバイトをはじきやすいかな~と思ってたんですけど
意外と竿全体で受け止める感じなんで、すっと合わせることができました。
楽しくファイトできる竿です。
そして一番肝心のごぼう抜きも竿の長さを生かして
きっちり確保できました
こいつはえい!
DSCN5253.jpg


日曜日早朝
FINGAL HEADに行ってきました。
015_20140727133907753.jpg
既に先行者が一番人気の所にいたので俺は手前の磯に入りました
DSCN5270.jpg
ここは足場から斜めに岩が続き釣れた時、魚のピックアップが少し厄介なところです。
しかし、今日は12FEETだぜ!!うひー!
沖を眺めると
DSCN5275.jpg
1kmくらい沖にカモメがおるおる!
今日
ええんちゃう~?
まずはやる気のあるやつを頂こうかと
ミノーで表層をチェックしたが

シーン

ディープダイバーで中層をチェック

シーン

メタルジグでボトムを、、、、、、

シーン

この時点で1時間半くらい経ったか
朝一、満ち込のまずめでイイ潮だったのになー
少し休憩だね
崖を登り水を飲んでると
水面からジュボッと水柱が上がった!
えええええ!!
DSCN5261.jpg
くじらです
写真では見えにくいですけど少し背中が見えてます。
その後、画像が白くなってるところがくじらの噴水です。
ははーんさすがにくじらが出没したら
魚たちビビって隠れますわ。
朝一、たくさんのカモメの群れの下に黒い川のようにベイトがおったのにボイルが全くなかったのも納得。
こりゃだめだわと退散
002_2014072713391795b.jpg
磯場が終わるとビーチです。
004.jpg

2時間ほど波と戯れていい気分。
すこしリベンジに行きましょうか
結果
001_20140727133911344.jpg
ダートはリリース
DSCN5271.jpg
晩飯確保!
本日焼きサバテイラー寿司っす!!!

P.S
やっぱロッドが重くなったんで両肩コッテマスワ。。。。
スポンサーサイト

イルカパターン!?

2014.07.18.Fri.19:12
 なかなか釣りのできる条件が合わないFINGALHEADの磯
時々この崖の上からチェックするけど大体は波がバッコーンときて
とてもとても釣りどころじゃーございません。
しかし本日、ひっさびさに気温が上がり、しかも無風で波も穏やか
ええんチャウ?!

016.jpg

この崖の下に釣りができる場所があります。

015.jpg
こんな感じです。
波が穏やかといってもときどきバッコーンと大きめのが来てました。
崖の上から海を眺めるとイルカが結構います。
イワシの群れはみえませんが
何か餌を追ってるのでしょう。。。。。。

一人釣り人がメタルジグを投げています。
見ていたら、数投目でHIT!テイラーが釣れたようです。
温かいとジグを追うのか~ぽかぽかいい天気だな~
って!
のんびりしてる場合ではございません。
それより俺も便乗させて頂こう!
車に道具を取りに行き、速攻で戻ってくると
さっきの釣り人、もうお帰りです。
えっ?どうしたん?と聞くと
”ライン噛み切られてルアー3本も持っていかれ、もう手持ちがないんで帰るんや
それでも4匹釣ったぜ!お前もルアーの予備がいるぞ”
っと言われました。アドバイスありがとう!と別れを告げ一路崖下へ

崖を下りてあの釣り場まで行くのには、ロッククライマー級のリスクがあるので道具箱やクーラーBOXなんか持っていけない。

俺は、ジグを2本とミノーを2本、リーダーの替えと、クリップにハサミ、ペンチ、クーラーBOXの代わりの布のカバンをウエストポーチに入れて崖を下りる。どうせ波をかぶるのでTシャツにサーフィン用のトランクス、靴だけは磯ブーツです。
到着してみると 10分に一発大きめの波がブレイクし、思ったより潮の流れもある。
まずは、40gのジグで
009.jpg
写真の真ん中のオレンジです。
一投目からHIT!
結構引きます。そして3m以上ある水面からごぼう抜き
49cmテイラー!
ジグを引いてくるとすごいスピードで何処からともなくテイラーが現れ
餌を左右から目視して最後はスパイラルアタックしてくるのが見えます。
捕食するとこが見れるので超~興奮します。
しかしたまに来る波のSETには気を付けなければなりません。
磯に当たってドッカーンと飛翔が飛び散りびしょ濡れになります。
岩が濡れると滑りやすくなるし、というよりすでにおれ自身がびしょ濡れですけど。。

そうこうしながらも4匹GET!
さすがに3連クリップでもリーダーがざらついてきました。
15cmほど切ってつなぎ直してキャスト―HIT!
7匹目をごぼう抜きし、フックを外す前にルアーが外れました。
ルアーを見るとスプリットリングが伸びてはずれてました。
潮の流れも速いし、テイラーの引きもすごい。強引にごぼう抜きするしリングも疲労するわなー。
ルアーもボロボロ
恐るべしテイラー(網切り)の歯、ボコボコにしばかれてますわ
1772014 004
ズタボロッっす。
しかし、フックは強い!曲がってませんでした。
001_20140718180439317.jpg
002_201407181804416f1.jpg
信頼のオーナー釣り針!!さすが!

ルアー交換とリーダーの交換をして少し場所を移動
今度はこれ
1772014 007
デュエル ドルチェ125s
こいつは足場が高くてもリップのおかげで水面から飛び出さないし3連フックなんで思いっきり吸い込まれてもリーダーまで噛まれずにフックがガッツリかかりそうなんでテイラー用に一度使ってみたかったのだ。

これを思いっきりダートさせて、一投目からばっこしHIT!
サイコー!!!
HIT!HIT!HIT!
イヨッ ドルチェ~!!
叫ばずにはおれませんでしたー。
結果
DSC_0014.jpg

捌いてみるとすべての魚のお腹、空っぽでした。磯際にベイトが溜まってたわけではないんだね。

あのたくさんいたイルカはおそらくチームになって崖下の磯際にテイラーを追いつめ狩りをしてて
そのおこぼれを俺が釣ってたってことなのかなー
名付けて”イルカパターン”かな?

うひひー大満足でした!!

P.S
ドルチェとは、イタリア語で、女性への褒め言葉として使うみたいです。
”いよーっドルチェ!”は使い方、合ってんのか~?






師匠のアドバイス

2014.07.17.Thu.08:59
前回、師匠にアドバイスいただき
さっそく2連結、(リーダーからのクリップと合わせて3連結)
1672014 004
さらに
フックをワンサイズUPしました。

クリップがカシャカシャいうけどまあいい感じです。

オーストラリアではテイラーをルアーでねらう人は皆メタルジグです。
釣り道具屋でもメタルジグでしょっとすすめられます。
実際、一か月前まで小型のメタルジグでの高速タダ巻きでしか食ってこなかったんです。
縦に動かしたり左右に振るとHITしませんでした。
俺もずっとメタルジグ信者でした。
そっから3週間ほど全く食わなくなってしまい
シーズン終了なのかなーと勝手に思いこんでました。
冬は、河口域にはメッキはいないんですが
ダメもとで、メッキ狙い用のフローティングミノーを使うとガツンときました。
それ以降もメタルジグには全く反応しません。
水温が下がるとメタルジグには興味を見せないんでしょうか。。。。

現在、テイラーをねらう場合フローティングミノーばかり使っています。
幅の広い左右へのダートアクションにのみ反応します。
シンキングペンシルでは潮流が速いため沈んでいかず、さらに足場が高いため
フリのデカいダートアクションをすると水面からルアーが飛び出してしまいます。
まっ俺の腕がへたくそだということもありますが。。。

釣れた時に口から出てくるのは
1っか月前と同じカタクチイワシの7cm以下か
さらに小さいシラスなんです。
マッチザベイトと釣り場の条件でいくと
7cm以下で飛距離が出て激流の中で沈んでいく。。。
やっぱ、ジグが一番と思うんだけど
なぜか、ぱたっと釣れなくなりました。

俺の使うフローティングミノーは背中イエローお腹オレンジの11cm
ベイトとは全く違います。

時々、ボートアングラーが沖でメタルジグを投げて高速早巻をしてるのが見えますが
全く釣れてないようです。


考えてみるとジグの時はテイラーにシッポから吸い込まれゴックン丸飲みで
小型であってもすぐにリーダーがボロボロになってました。
ジグは細身ですもんね。
中型ミノーだと40cm級までならしっかりフックに掛かりリーダーをいためません。
あ~そうか~てな感じです。

しかし時々デカいのがHITするとリーダーをプツンされてました。

さて2連結
どんなもんでしょうか?

1672014 002
50cm級も混ざって6っぴき釣りました!
リーダーもつるつるのまんま!!!
目からうろこ落ちました。

久々に吠えていいですか?
手のひらアジ師匠 サイコー!!





負け犬の遠吠え

2014.07.13.Sun.13:36
え~あの~調度、一か月ぶりでございます。
前回 ”リベンジジャー”とほざいていた
怒り新党 党首ROCKYです。
あれから一気に季節は変わり早朝の気温5度
俺の住んでるエリアは夏から一気に冬へ変わります。
ほとんど秋がありません。
真冬がやってきました。

TWEEDRIVERMOUTH
リベンジのために日夜いろんな潮で
通いまくっていたんですが
結果から申しますと お察しの通りがっくり残念でございます。
40LBにリーダーを変えたとたんにアタリが激減
30LBにするとアタリがあります。
そして一発で切られました。
ぐーっと底に持って行って激しく首を振るあの動き
奴は大型テイラーに間違いないです。
デカいやつはやっぱ一気にルアーを吸い込み鋭い歯でリーダーを一発で切ります。
30LBにするとこんな感じで
002.jpg
003.jpg
008.jpg
ちょこちょこ楽しませてくれるんですが
大型サイズがかかるとブチッとやられます。
”怒り新党”宣言してしまったので
一発デカいのを釣りたかったんです。

TATさんに激励のコメントいただいたんですが
シーズンが終わったという時間切れUPと相成りました。

実は大型テイラーねらいの餌釣り師にしかけをみせてもらったら
一人はリーダーにワイヤーを30cmつけてました。
まるで太刀魚釣りの時のよう。
そしてある人は、釣り針3連
こんな感じです。
006.jpg
みんないろいろ考えてるんですね。
俺もリーダーを太くしたっといってもたかだか40LB
餌釣り師たちは60LBを使用してます。
とりあえずセットしてみましたが、たかだか30~40gのルアーに60LBリーダーはタックルバランスが悪く
ルアーの動きがとても鈍かったです。
ローカルでルアーは俺一人なんでいいところを見せたかったんだけど惨敗でした。
P。S
ドーナッツはさみしいんでフラットヘッドを釣りに行ったりイカ次郎なんかもしますが
572014 002
デカいのをガッツリ釣るモードだったのでスカッとしないんですよね。。。。。

水温は今からぐんぐん下がるけど下がるなりに安定したらまた冬の魚が釣れだすと思います。
今回は
負け犬の遠吠えでした。
ゥヲ~

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。