ROCKYの怒り新党!

2014.06.14.Sat.19:25
6月14日
TWEED RIVIER NORTH WALL
AM8:45満潮
小雨の中、家を出発
5:30 到着
夜明け前の薄明りの中
レインコートを着つつ耳を澄ますと
波が岩にバッシャ― バッシャ―と当たる音が
闇夜を切り裂く
天気予報では波高3~4FEET
頭から頭オーバーってとこですね
こういう日は
岩に当たり砕けた波で頭からびっしょり濡れる
長靴も必須
しかーし 潮がいいので期待大

まずは、いつも調子がいいパープルヘイズ30gのジグをセットし、
キャスト
キャスト
キャスト
1時間経過無反応
潮流もあり潮目もできて雰囲気抜群なんで
今日持ってきてるルアーを状況に合わせてローテーションしていく
DSCN5190.jpg
1時間経過
無反応

雨は止んだ
キャストのし過ぎで暑くなってきたので
レインコートを脱いでTシャツになった
波がデカくなってきてるので
オレンジ45gで最後にしよう
後ろを向いてルアーをセットしてると
なにか気配を感じる
はっと前を見ると
デカい波が岩にぶち当たり
ドッカーン

ヒヤッホー 全身びしょ濡れ
レインコート脱いだとたんにこれかよー

滝に打たれてる修行僧のごとく
気合入れて
ルアーを投げる
すると んん?
何かタッチしたぞ!
ヘーイ ヘーイ ヘーイ
もう一度同じところに投げて
3段ジャークのあとガッツ
ロッド ギシギシギシ
ドラグがジジジジジ
ちょーやばい
底へおもっきり持っていかれた!
ロッドをたててドラグを締め防戦
来たぞ来たぞ ウシシ
しかし このターゲット
左右に振らず まっすぐ底に持っていく
奴はなにもんだ?こんなのははじめてだ
ゴリゴリにリールを巻き あと10m
突然信じられない強さでさらに底に底に潜っていく
リーダーが岩に擦れる
どうしようもない
リールは巻けない
ブチッ
ロッドが跳ねて
一間の終わり

がっくり

ラインを回収して見ると
岩に擦れて60cm範囲でリーダーがボロボロ
本日のラインシステムは
PE20Lb
フロロカーボンリーダー30Lb
LURE Clip3 18kg
だった。
手持ちは同じのしかないので
上記した同じものでシステムを組み直して
再チャレンジ!
投げて投げて30分後
HIT!
全く同じ感じでぐんぐん底に潜っていく
今度はドラグをはじめから締めてる
ごり巻き!
しかし、またもや10m沖で沈まれ
ブチッといかれました。
これはだめだ。。。。。。

ボーゼンと立ち尽くす俺
放心状態のまま車に帰り 
レインコート脱ぎ長靴を脱ぐ
脱力感が俺を襲う
運転席でしばし撃沈感を味わいながら
フロントガラス越しに海を見てたら
お腹の辺りが 熱くなってきました
#ROCKY 怒り新党#
ウヲー
リベンジじゃー!!!

帰りに釣り道具屋へ寄り
12FEETのロッドと5000番のリールの前を行ったり来たり。。。
小一時間、眺めるだけ眺めましたが
予算の関係上
DSCN5193.jpg
フロロカーボンリーダ40Lb
DSCN5194.jpg
ついでにクリップ23kg対応

テクニックのない俺がこんなので明日は、勝てるのか?
スポンサーサイト

晩秋の釣り行脚

2014.06.13.Fri.19:55
6月9日
AM4:35満潮
TWEED RIVER SOUTHWALL
今日はQUEENS B.D HOLIDAY
独立したオーストラリアですがイギリスのクイーンの誕生日が休日です。
土曜日曜と合わせて3連休
夜明け前に着いてみると結構車が止まってます。
やっぱり釣り人多いね。。。
ここに来る途中のキャンプ場もテントがいっぱいでした
河口域に行ってみると先端部からずーっと釣り人が並んでます。

ちょこちょこ声をかけながら
とりあえず様子見
潮はよさそうだけど誰も釣れていませんでした。

流れが速いんでローカル以外は
だいたい隣の人とお祭りしてしまいます。
俺もはじめはそうでした。。。。

そこで
少し離れたところでキャスティング開始
30分ほどするも全く雰囲気が無いので
車に戻り、コーヒータイム
しかし いい時間帯には違いない
FINGALビーチに移動
砂浜に出てみるとカモメが群れで暴れてるポイントを発見!!
バンバン水中に飛び込んでます。
これは冬の名物
カタクチイワシの接岸だ!!
あの下になにかとてつもない魚がおるんちゃう??
期待ドキドキ
急いでロッドを担いでビーチダッシュ
150mから180m沖だ
ちょっと遠いね

土佐清水のURASINさんにもらった
ぶっ飛びルアーをチョイス
SHICO Twitcher HW 10cm 28g
DSCN5188.jpg
 結構飛んでると思うけど 全然届いてない
南から北への流れが尋常じゃない
向かい風もある 
しかし 投げ続けるしかない!
バシュー カチャッ リルリルリル
バシュー カチャッ リルリルリル

うん?何かタッチしたぞ
DSCN5130.jpg

なんとイワシに似せた10cmのルアーに
6cmイワシがHIT!
ちゃんと口に掛かってました。

群れが少し岸に近づいてきたのかハグレものなのか?

バシュッと投げて
流れ出しを利用し、
潮に絡ませながら流してると
ググッツ ギュンギュン HIT!

潮に乗って左へ突っ走る

ウヒョー 何者だ?
いいファイトだ
ビーチなんで久々にごり巻きなしで
ファイトを楽しむ
60mくらい沖でHITしたので
うひひ面白い
次の波で岸にずり上げだ
DSCN5129.jpg
DART (コバンアジ) 38cm
美しい魚体!
こいつ右へ左へぐんぐん強烈に引くんです。
ルアーマンのターゲットとして 
とても面白いです
もう一丁!
DSCN5134.jpg
面白い!!

引き潮と一緒にあっという間に カモメの群れがはるか沖に移動
終了~
DSCN5151.jpg

まだAM8:00
すこしポイントめぐりをしようっと
TWEED RIVERを少し上流へ
DSCN5135.jpg

夜間、この橋の下で何度も何度もトライしてるけど
いっつもドーナッツ
バイトも一度もなし
しかしいつ来ても いいポイントに見えるね~
DSCN5136.jpg

こっちは昔の橋、ここにオレンジの常夜灯があって
いい雰囲気なんですけどね~
DSCN5138.jpg

この筒は、釣り人が要らなくなったラインを捨てるゴミ箱です。
こういうとこちゃんとしてるんですこの国。
DSCN5146.jpg

まずは漁業権を買わないと釣りはできませんが
そのうえで ルールがあります。
この看板は、ニューサウスウエールズ州の釣り規則

(この橋で釣れるとは限りません)
DSCN5145.jpg

相当数のサメもいてるんです。
本当は日本みたいにウエーダ―を着て橋の下で釣りたいんですけど
夜間にサメにかぶられたらいやなんで 
というか
自分が状態になります
おそらくめっちゃ無謀なことでしょう。
DSCN5141.jpg

しかしながら、下のスズキの写真
めちゃめちゃ気になります。
夜間、通い続けてるのはその~
スズキさんのせいなんですね。
ながーくドーナッツですけど
えーっと
お持ち帰りできるのは70cm以上で2匹まで
要するにデカ仕掛けで
バッコシ行くしかないんですね

DSCN5144.jpg


Jaco-big-fish1-550x730.jpg
借り物の画像です
56kgだそうです。

マッマジかよ!!

70cmは小物ですな。。。。。。



P.S 手のひらアジ師匠からコメントを頂き上記の写真は
    スズキ目スズキ亜目ニベ科オオニベ属
    とご教授いただきました。
    いつもありがとうございます!









新旧Dコン

2014.06.12.Thu.05:10
D コン 手に入れたので
うれしくてイキオイでUPします
DSCN5171.jpg

その昔、 ”Dコン”
といえば、
SHIMANO D complex だった。
DSCN5173.jpg
幾度となくいい思いさせてもらった
シマノのシーバスルアー 
ちょーぶっ飛びルアーでしたが、既に廃版みたいです。

そして、現在
Dコンといえば メッキグル
”手のひらアジ師匠のブログを拝見して知りました!”
SMITH D contact
DSCN5176.jpg

慣性スライドで食わす!
スライドか? 稲妻か?パッケージに描写されてる

何がすごいかって
たくさんののルアーが中国製だけど
こいつはMADE IN JAPAN
オーストラリアのアングラーからも日本製は神
といわれてる。

DSCN5184.jpg

これの9cmか12cmがあったら、、、、、、
大型河川で デカメッキ狙いたいですスミスさん!
よろしく!!!!

昼間のイカ次郎

2014.06.07.Sat.11:52
6月5日
近くの釣具屋で
餌木がワゴンセールで1本2$だったので
すべて同じメーカーの2.5で
ピンク、オレンジ、グリーン
を3本買いました。
安いので見た目の出来はいまいちだけど
どんな動きをするのか試しに
最近、イカでHOTなラブラドールエリアへ
昼間にチェックしに行きました。
ビーチなんで、泳いでる人や日光浴してる人がちらほら
のんびりムード

いつもねらってるPOINTをチェックしたら
アオリちゃん 浮いてるじゃーないですか
いそいでロッドを車に取りに帰り
餌木3本ポケットに入れて戻ってみると
おりません、いません
おお、初の真昼間サイトエギングできマヘンがな
まあ今日は餌木の動きをチェックするだけだから。。。
まずは足元でグリーンを動かす
縦の動きがキビキビでフォールがまっすぐ
フムフム
適当に投げてはシャクリ、少し遊んでたら無性に釣りたくなってきた。
WEEDBEDに投げるも反応なし
オレンジに変へ動きチェック

フォールで頭から真っ逆さまに落ちる
ん~潮が速いときのテンションフォール用にいいかも

そこでピンクにチェンジ
足元で動きをチェックすると
同じメーカーの同じモデルなのに
動きが全く違う
こいつは横へのダートがすごくいい
そして同じ重さなのに水中で止まったようにサスペンドする
当たりちゃう?
やっぱ安物は当たり外れあるねと思いながらも
このピンクはいい感じ
さっそく 潮目の少し向こう側に投げ、
3回シャクリ、5秒サスペンドの繰り返しで
WEEDBEDの上を通過したら
さっそくイカパンチ!
一投目からキター
イカジェットを繰り返すので身切れしないようにそーっとリールを巻きながら寄せてくると
もう1っぴき後ろからついてきてる!
うひひひ
いいサイズ!
まずは1っぴきゲット
バケツに入れて蓋をして
そしてついてきてた奴は何処だ?
と見ると
足元でじっと俺に釣られるのを待ってる状態
そーっと餌木を通すとスット寄ってきて
バクッ!
またもや600gサイズ
今日はめちゃめちゃ簡単
これは浮いてるぞ
同じWEEDBEDにまた投げて
今度は表層を早めに引いてくると
いひひ、餌木を追いかけてくるのが見える
そこでサスペンド
グググ
ハイもう一ちよう
反対側を見ると またまた浮いてるのを発見!
すーっと通すと50cmくらいの間隔をあけてついてくる
ちょいちょいと横にダートさせると
興奮してバクッ
サイトエギングちょー楽しいです。
そして、夜間のエギングのイメージがめっちゃできる。
いい勉強ですわ

今日は、イヒヒ !
イカを散らさないように
ポイントの左端から順に攻めていくことに

WEEDBED上で興奮させて
見えるとこまで連れてきて
ちょいちょいダートでぱっくんちょ
面白い!
今日のアタリ餌木はダートということですね

バケツはフタをしてるけど
ブシュ ブシュと音が聞こる
イカたちがジェット噴射であばれて
バケツがグラグラ動いてます
こけそうになってきた
両足ではさんで固定しながら
がに股キャスト!
がに股キャスト、GET!
がに股キャスト、GET!
がに股がしんどくなってきたので終了
1時間弱で9ハイGETしました。
DSCN5120.jpg
面白いことにデカい順に釣れたんです。
セオリー本なんかでは
まずは表層の小さいのから釣って
次に底のデカいのをねらおうとか書いてあるけど
本日、デカい順でした。

その後、ローカルアングラーに会い、めっちゃ釣れたよと報告すると
今年は、アオリ長いこと釣れちょる
例年だったら今の時期、アオリは深場に行ってしまい
いったん、ぱたっと釣れなくなる日がくる、
水温下がると
剣先いかが釣れ出すよ。
とすばらしい情報をもらいました。
そして、しっかし たくさん釣ったな
おまえさん 今日の
ラッキーボーイだな。
とお褒めの言葉もイタダキマシタ。
イイェイ! ☮







オニ出たっー!

2014.06.02.Mon.19:31
5月31日
TWEEDRIVER SOUTHWALL
AM9:55満潮
今日は、潮回りよし!
日の出とともに第一投したいなーと
前の日から車にタックルを仕込み
冷蔵庫にビールを仕込み
雨が降りそうなんで鞄に雨合羽を入れ
バナナはおやつに入りますか~?
みたいな
小学生の遠足気分
まっ実際は水面まで5m、岩場で足元つるつる波がどっかんヤバシの
投げてはガッチンガッチンシャクるハードなジギングフィッシング。
到着はAM5:30
ちらほら雨がふりーの
薄明りの中、河口先端部へ
先行者一人いたが南向きでやってたので
俺は北向きのベストポジションへ
安定感のある岩の上にクーラーBOXやタックルBOXを置き
4本ほど本命ルアーをポケットに入れ、
岩を下りようと辺りをみると
水平線に明かりが厚い雲の間から見える
こういう時、幻想的な光景になりやすい
DSCN5077.jpg

美しい

DSCN5078.jpg

自然の織りなす究極のアートを見入ってると
時間が止まり
音が聞こえなくなり
大自然に吸い込まれる
一瞬、自分に肉体があることを忘れるような
空高く、空中からこの光景をのぞいてるような感覚に包まれました。
ひととき
自分も自然の一部なんあだと思ったりしました。

DSCN5079.jpg

素晴らしい朝、じーんと感動しました。
サイコーですね。

写真撮影を終え
岩を下る。
最近愛してやまないTAIDAL30g
プラス信頼のOWNER S-OWNER TREBLE SIZE4
これ軸が太くて、いつもごぼう抜きする俺はめっちゃ信頼してます。
未だフックが伸びたのを見たことがありません。
DSCN5070.jpg
外洋から入ってくるうねりと川の流れとが当たって50m沖に潮目ができてる
これこれっ!
サイコーのシチュエーション
70mくらいルアーを投げて底を取り
ビシビシビシビシと4発しゃくりあげ
またフォールさせて底を取る

しゃくる時に抵抗感が違う
2枚潮流で表面と底では水の流れが違う事が
ルアーからラインを通って、手に伝わる
見えない水の中だが俺の頭の中にはっきりと映像化されてる

ビシとビシの間は小さな一瞬のフリーフォール
それが食わせのタイミング
ビシッとロッドをシャクリ上げた0.5秒後にガツッ!
おっしゃー
まあまあ引くけどあれ?と軽くなりまた引く!
背掛かり?
魚体が見えた。やっぱり背掛かり
イケカツオ
DSCN5081.jpg
こいつは群れでいるので急いでキャスト!
DSCN5082.jpg
またまた変なところに掛かってます。
イケカツオくん。
このビシビシに狂ったようにじゃれついてますわ
もう1匹追加して
ヒヒㇶ~
ビシビシメソッドえい!
そのあと数回HITしたもののすべて背掛かりでファイト中にバラシ
針に鋭さがなくなってきたよう
ルアーを回収して少し砥石ですりすり
再挑戦するも群れが通り過ぎたのかアタリなし
そっからビシビシメソッド90分続けるも一向にアタリなし
腕がけっこう疲れるんどすえー
岩を登り一休み
とりあえずは3匹ゲットしてるので余裕のコーヒータイム
遠くにエイがはね、イルカのフィンが見えたり
今日はベイトがおるっって感じ
いいじぇいいじぇ
さあ再開
潮も少しゆるくなり
思ったところにルアーを通しやすくなってきた
ちょうど沈み根の上に来たとき
ビシッツ、ビシッツ、ビシッツ、ガツッ
HIT!
んんんぐぐぐ
ビシメソッドの4発目が合わせのタイミングとドンピシャ****!
ロッドがグイグイしなる
PEラインがギュイン、ギュインとガイドを擦る
ドラグジジジジジジ
いいサウンドですね
このサウンド録画してCD出したら
釣りキチみんな買っちゃうでしょ
釣りに向かう道すがら車の中のBGMこれにしたら
イキオイつくこと間違いなし!
絶対、盛り上がっちゃうよね

潮流に逆らい逆らいながら横へ沖へぐりぐり走っていく
これは間違いなく良型のメッキちゃん
ドラグをぎっちり締め直してごり巻き
リールのハンドルが重い!
”ごきげんだぜい”
銀色の魚体が波間にギラッと見える
奴もギンギンに抵抗してる!
手前の岩陰に突っ込むようだヤバいいいっ

しかしうまいタイミングで打ち寄せる波が来た
これを使いロッドで強引に岩から離す
そしていつものごぼう抜きだ
おりゃっ!
うまく足元に引き揚げ成功
タオルで巻き、
抱きながら傾斜のきつい岩を登るが暴れてツルッと落としてしまい
まるでラグビーのタックルのように体で捕まえ直しました
ホッ。よかったー
って思ったら 30lbのリーダーがブツッと噛み切られ
全自動キャッチアンドリリースになるとこでした
あぶないあぶない
しかしいっつもこのランディングの仕方課題です。
ランディングネットだと速い潮流と波でネットが鋭い岩やびっしりついてるカキに引っかかる。
もたもたしてるとラインが岩にすれて切られる。
やっぱギャフ使うのがいいのかなあー
難しそうだし魚に穴が開くし。。。。
やっぱ今のところごぼう抜きだね
まあすでに何回か失敗して大物逃がしてるんですけど。。。。。
腕を磨くしかないね
DSCN5084.jpg

めっちゃ獰猛な面構えしてますねえ
一戦交えた後のギャングですな

DSCN5088.jpg
DSCN5087.jpg
46cm オニヒラ
ひさびさにオニヒラアジ
最近ずっとビッグアイトレバリーだったので引きの違いめっちゃわかる。
そして、刺身にするともっとわかる。
オニヒラのほうが身が赤く食べると戻りガツオみたいにもちっとしてて
うまいね
そしてゼイゴ(シッポの方の線路みたいなの)がオニヒラのほうが小さくてやわらかい
ビッグアイはゼイゴがとてもいかつく出刃包丁でもなかなかそげない
ただこのいかついゼイゴのおかげでしっぽの破壊力がすごく
掛かった時横の動きはビッグアイのほうがやばいです。
何はともあれ少し気温が下がってきて水温も23度といい条件で最近結果出て、
調子乗っちゃってます。

吠えちゃっていいですか?
ルアーフィッシングサイコー!!