スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NERANG川”2”

2013.09.30.Mon.21:16
週末、波も穏やかで、潮位も小さく活性が悪い時期ですがうーんがまんできん!水が見たい!。
朝4時またまたNERANG川にリベンジ行ってきました。案の定ベイトが少なく、潮止まりか、水面がツル―。
とりあえずバイブレーションで周囲探索。反応なし。。
最近手に入れたSHIMANO WAXWING
DSCN0082.jpg

48mm 7g Sinking 0-1/2Ft Black Chrome
初キャスト。なかなかの遠投力。ただ巻きで左右にジグザグ結構ゆれます。これに縦の動きを竿先でつけて攻めてみましたが反応なし。潮もまだ満潮止まり。
頼みの綱グリーンラメソフトプラスティックに変更。コツッと一発来たがフィッキングせず。ペニー色でもダメ。
若干夜が明けてきた。そろそろ終了かあ。一番小さい銀色ギラギラバイブレーションで最後にしよう。と、常夜灯の奥に遠投してぶるぶるジグザグさせながら橋の陰に入ったところでちょっと間を置いた瞬間バクッと33cm。ボーズ免れました。
ほっと一息、薄明るくなってくるのをを眺めながら早朝の静けさを感じていると、岸のすぐ近くで水面がざわざわそわそわ、うん?速攻せめたが、小さいバイトはあるもののフッキングせず。魚小さいなと、、、軽いジグヘッドに半分に切ったソフトプラスティックを装着し一投目、フィッシュオン!次いでもう一発!
はい、顔ニコニコ。満足しました。ありがとう。
DSCN0095.jpg
DSCN0097.jpg
スポンサーサイト

NERANG ポイント

2013.09.27.Fri.21:14
DSCN0093.jpg

このポイントは、NERANG川、河口から15KMくらいのところにあります。干満の差がすごく出る釣り場です。
川の中心部は相当深いのですが、手前15mは泥と、ごろた石でとてもシャローです。夜間、ベイトが水深20cmくらいのところに集まっててそれを何者かがおそろしいい勢いで襲ってるのを何度か見たことがあります。
    正体不明。
一度、ラインがそのばしゃばしゃの上を通りたまたまヒットしたのですが2秒で逃がしてしまったことがあります。まあまあ大物とみています。
20lbのリーダーがざらざらぼろぼろになっていました。
悔しいから時々リベンジに行くんですがそれ以降、一度もアタリすらありません。
メタルジグでヒットしたんですけどこの時は、川の中心に向かって大遠投し、底を探り、手前のシャロー域は底をひっかけたらいやなのでルアー回収の目的だけで速引きしてました。ソフトルアー、ポッパー、フローティングミノー、いろいろ試すんですけど全く反応がないんです。デカいマゴチ、ターポン、はたまたマングローブジャックかサメ?と想像してます。あなたならどーする?誰か知恵授けてくれませんか?

食べ過ぎでしょ?

2013.09.26.Thu.15:27
DSCN0047.jpg
DSCN0072.jpg
どーも!オーストラリアの小、中、高校が春休みに入り大人や町もホリデー気分。いつも行くBWポイントも昼夜問わずにぎわっています。
皆さん魚釣り大好きっす。
みんなおおらかなんで橋の下で釣りしてると、デカい声で”アタリある?”とか”ディナー釣れた?”とか聞いてくれます。
そしていきなりバシャッと橋の上から投網を投入!小魚を捕まえそれを餌に釣るのが一般的なんです。
何の悪気もないからあしからず。。
 初めて遭遇した時は、おいおい、まっまじかよ魚みんな逃げるじゃん!?
子供のころ日本では釣りしてるおっさんにうるさい静かにせんかい!向こういけっ!っと怒られてたけど。文化の違いを感じます。俺のほうも今はもう慣れまして早々に竿をたたんで橋の上に行き”何採れたんですか?”とか聞きに行き、釣り好き同士の日中友好釣り情報交換なんかして、楽しくやってます。まあこれを朝4時にやられると少しショックですけど。。
おかげで最近ボーズが続いていてまして。。
とっ、そんなハードな状況の中、やっと一匹釣りあげたのが上の写真、48cm!太ってました。
ジグヘッド Berkley SALTWATER PRO 1/6OZ #2
ソフトルアー Plazos 3 1/4 Paddle Tail -Old Penny
腹をを裂いたら下の写真でもわかるように、いったい何匹食べてるんどすか?。原形をとどめてないのまであるのでこいつ何時間も食べっぱなし、さらに、おれのルアーに猛アタック。
スンゲー奴がいたもんだ。おかげさまで釣れました。ありがとうミスター大食い!

BWポイント紹介

2013.09.24.Tue.20:31
DSCN0088.jpg
DSCN0090.jpg
ここは、近所のよくいくBWポイントです。海のような池のような川のような不思議なポイント。橋が架かってるところだけがくびれてて干満の差ができて潮流が速くなり、引き潮7分くらいで朝まず目と重なった時が俺のXDAYです。橋の常夜灯に寄ってくる小魚を捕食するフィッシュイーターをターゲットにしてます。
 下の写真のように橋が3本連続してかかっています。橋の下にルアーを突っ込むんですが、へたくそなんで時々橋にぶつけてプラスティックルアーを壊してます。狭いんですがいろんな方向から攻めることが出来るのでとっても面白いんです。このポイントでおニューのルアーや改造ルアーを試してほかのポイントに持っていきます。夜明けとともにペリカン、カモメその他水鳥がワイワイ、ボートがビーン、レガッタみたいなのがツイーッと通るので釣りになりません。みんなさんも―ちょっと寝てていいよと思うときもしばしば。まっいつも引き際を教えてくれるのでちょうどいいかあ?

下あごと哀愁の月見

2013.09.21.Sat.22:54
DSCN0075.jpg
朝4時、月の光でクッキリ影ができるほど明るく満潮で潮どまり。水面はツル―っとしててあんまり条件良くなさそう。足元も小魚ほとんどなし。月が傾いてるので橋の下まで明るいです。数投キャストするが全く反応なし。今日はまあこんな感じかとあきらめムードでいると、橋の支柱の陰の真っ暗な部分ででジュポっと音がしてそこへすかさずキャスト!ガッツリイタダキマシタ!47cm。珍しく下あごに刺さってました。調子に乗ってメタルジグに付け替え、柱ぎりぎりをトレース。いきなり引っかけてルアーをロスト。へたくそですね。GTの歯形バリバリ、キラキラのホノグラムは取れてしかも片目のルアーだったけど結構釣りまくった相棒だったのでがっくり。。今日はおしまい。
 静かな夜の雰囲気の中、水面に映る月がきれいだなーと見てるとウナギがにょろっと石の間から顔を出してました。ええっつ?こいつはときどきみるトラ柄のオオウナギと違う!日本で見るような色、魚体。ヒレも短いし、まちがいない。アンギラオーストラリア。日本にいるときは、土佐清水の川で夜に手製のたけ竿で釣って白焼きにして食べたり、冬に四万十川でシラス(ウナギの稚魚)を採取したりしてたのでなんかミョーに哀愁に包まれました。清水の人はみんなあったかかったなあ。

異種同種!?

2013.09.19.Thu.21:18
DSCN0062.jpg
満月。大潮。釣れました!。昨晩から、ストーリーを考えてました。満月が落ちるのが朝5時、日の出が5時40分。このあいだの30~40分間が勝負だと。。ルアーは、定番と、色違い、バイブの三種を持っていこう。
で、実際は、定番のグリーンラメにヒットしたが掛が浅くにがしてしまい、その後焦りながら何投かしましたがバイトなし。見切られたか?やばっ!時間がない!速攻でシルバーのバイブレーションと交換して2投目、キタッツ!しかも結構足元で竿がゴン、ググッと弧を描き、いきなり横にググっと走る走る!サイコー。一匹目ゲット。その後数投、潮の流れが少し早く複雑になってる橋の支柱付近でヒット!瞬間リールからラインがすごい勢いでギギギーやばい、柱にラインが擦れて切られてはいかんと強引に10ッ歩ほど橋から離れ、うっすら夜が明ける景色の中、ビンビンに走るファイトを楽しみました。いやいや今日は勝負の日と、リーダーを太めの19.5lbに変えててよかったあ。
上は、53cm1.6kg。下は、47cm。
よく見ると、似てるようで違います。上は、和名、ギンガメアジ。オーストラリアでは、”ビッグアイ”人気あります。下は、オニヒラアジ。何が違うかというと。ビッグアイは、ヒレが黒く目がデカい。体は丸く太ってて、めちゃめちゃ急加速で走ってファイトします。口もデカい!食べたら脂乗ってました。オニヒラアジほうはヒレが黄色く、厚みはないけど、体高があります。ファイトは横に走りにビンビン抵抗します。どっちもぎんぎん暴れてくれて強烈なファイトを日の出前に楽しませてくれました。朝から満たされた―。

んん!コチ

2013.09.17.Tue.01:57
DSCN4208.jpg
今日は、水面の雰囲気が違う。左から右への引き潮が少し早く透明度が高い。小魚も少ない。いつもの偵察ルアーで10投。シーン。うーん。もっと深いところを攻めようと、いつもより重いジグヘッド2.5gに頭ツキのソフトルアー(ブラウンラメ色)を装着。リフトアンドフォールで何投かするがアタリなし。今度は、執拗に底を細かくとんとん叩きながらチョーデッドスローで攻めると、うん?もたーっと重くなり底にひっかっかたか?
いや?ととりあえず竿を立てるとグググときたのでそこでフッキング。もたーぐぐっと反応しながらも手ごたえはまあまあ重い。なんだなんだと思いながら巻いてると足元で急に横に突っ走りエラアライええ?今頃ツラれてるのに気づいたような反応!慎重にずるずると岸へあげると50cmのコチでした。イエイ!結構歯が鋭くルアー近くのリーダーが3cmほどザラザラになってました。納竿。今夜は、コチの刺身だ!

必殺ソフトルアー

2013.09.14.Sat.18:47
DSCN0031.jpg
今日は、今調子いいソフトプラスティックルアーを紹介します。
Plazos 2 1/2" Paddle Tail Big Bassというルアー腹側はシルバー、背中は、グリーンのラメがちりばめられています。これの頭をカットして2.0gのジグヘッドに装着しています。
一袋10本入っていますが、テールがひらひらよく動くものとそうでないのがあります。魚にかまれてボロボロになってもテールがよく動く奴はいつまでも調子いいです。何回も針に付け直して使ってます。
NEWでもテール動きが鈍いとアタリが全くありません。魚って鋭いですね。

タックル紹介

2013.09.14.Sat.00:43
DSCN0030.jpg
DSCN0029.jpg
今日は、いつも使ってるタックルを紹介したいと思います。
リールは、シマノSOLSTACE2500SI、
ロッドは、シマノCATANA ESTUARY SPIN 662 LINE WAIGHT 3-5KG
どっちも現地オーストラリアで購入したものです。調べてみると日本では売ってないみたいです。もしかして日本では違う名前かもしれませんが。。なんといってもCATANAですから。。。でも日本人的には綴りはKATANAでしょうと思います。昔SUZUKIのバイクで KATANA1100CCにあこがれた時もありましたが、やっぱり”K"ATANAでした。軽量でガイドの輪も大きくとても重宝しています。
明朝、愛刀を一振り真剣勝負したいと思います。

来た来た!ボイル!

2013.09.12.Thu.17:40
52cm
ベイト
2日間、いろんなルアーを使っても小さなアタリはあるものの一向にフックしませんでした。でも水面はボイルしてるのです。悔しいので懐中電灯で餌となる小魚をよく見ると以前とサイズと種類が違いました。とにかく一番小さいシルバーのルアーをと自分の持ってる数少ないコレクションではバイブレーションでした。こいつでチャレンジ!1投目から小さなアタリがあり、2投目でいきなりグググット強烈な手ごたえ!ビンビン横に走りだし、リールからラインがギーギーと出ていきます。興奮するね。竿を立てるといい感じで弧を描いてます。うーん至極の時。空は少し日の出のオレンジが混ざりはじめ星空が半分消えていました。最後まで暴れに暴れてズルズルと岸へランディング。んー今日はいい日になりそう。49cm。1.6kg。持って帰り、家で腹を裂いてみると、写真の通り銀色の小魚とエビが入っていました。ん?おれのルアー小さいじゃん?

奇跡の日

2013.09.09.Mon.19:53
DSCN4536.jpg
ブログ始めました。オーストラリアゴールドコーストにて、夜明け前の一時間、近くの内海でルアーフィッシングを楽しんでいます。その時の感想と釣果です。よろしく。
朝5時いつもの場所へ。。実は前日自転車で通りがかったところ小魚が湧いていてさらにそれを何者かが激しく追っていました。期待大!
PEライン8lb、リーダーフロロカーボン7.9lb
ジグヘッド2gにソフトルアー(atomic Plazos 2 1/2" Paddle Tail)の頭をカットして装着しました。
なんと1投目からGT40cm級なかなかのファイトで焦りながらもGETそれから入れ食い状態でソフトルアーはボロボロに、45分間戦い終了。60cmのマゴチもつれてご機嫌です。
釣れたタイミングはほとんど着水後ボトムに落ちるまでの間でした。YES!

メタルジグ

2013.09.09.Mon.19:43
DSCN0012 (800x600)
今日は、メタルジグ(10g)をセットしいつもの釣り場へ。水面に小魚の波紋が見え、期待大!スレで4.5cmのコノシロがかかり、抜群のコースをトレースしてる!ドキドキが増大し、橋の下へキャストと同時にガッツ”ギギーっとリールが鳴りヨコッパシリ、おおこれはGTと、一発でわかる引き。なんども走られたが慎重にロッドをさばきうまく空気を吸わせずるずると岸へ上げました。やったぜサイコー49cm1.4kg。調子いいぜ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。