雨と雨の間

2015.01.26.Mon.14:28
1月18日
3時50分
TWEED RIVERMOUTH と思いきや小雨だった雨はやがて本降りに、、、、、、
最強ワイパーでも前が見えない@@@@!
川を横切るハイウエイの下に回りとりあえず雨宿りしよう。。。
車の中で思案してると風の音が弱まってきた
雨は結構降ってるけど風は止んできた
雨宿りがてらあの橋脚まわり攻めとこー!
9cmのサーフェイスミノーを橋の上流から流されながらトゥイッチしてると
橋の陰に入ったトタン
グン!
流れの表層で暴れてる!
カマス 50cm 鱗が大きく腹回りも太い獰猛な雰囲気
 DSCN0259.jpg

そのあと数10投するが続かず雨やまずで車に撤収
レインコートを脱いでレインブーツ脱いで
さあどうしよう
コーヒータイム
今橋の下だからいいけど結構、降ってる。。。。
自分の思ってる本日のXTIMEまであとまだ2時間ある。
帽子ビチョビチョ、湿ったTシャツはいやだな
どうしよう。。。
ハイウエイ目指して急な上り坂を上っていく
その橋を渡るとき遠くを見渡すと
風上側は雲が少し切れてる
まあのんびりポイント前まで行ってみようか~

到着
ザ~(T_T)/~~~
XTIMEまでまだ時間がある
車の中でゆっくりラインシステムを組みなおして
雨が降ってるので持ち物を最小限にして
とか、時間稼いでると雨が止んできた
よし!いまだ出撃!
早速数投するが海の雰囲気がまだ早い
足場が高く、表面が流れで荒れているので
うまくルアーを足元まで引けない
反対側の空を見ると
遠くにでかい真黒な雨雲がやってくるのが見えた
あと30分くらいか?
ルアーを一順させて
この状況でちゃんと釣りができる
向かい風に強い
ルアー
DAIWA カレントマスター110S
S-OWNERTREBLE ST-66TNSIZE4
本日これに託す

こいつの飛距離、レンジキープ力すごい
ただあんまり結果出せてないんですね
数10投目、トゥイッチを入れてるとき
もしかしてトゥイッチの後、ルアーが流れに負けてプラスマイナス0状態になってる
しかも一瞬じゃない
ルアーを見せつけすぎて見切られてたのか?このルアー!
そこで着水、3カウントしてから直線巻き
すごく合ってる
広いし、水が濁ってるのでもっとアピールさせたいところだけど
高速早巻だけでアピール
すごく合ってる
ムフムこんな感じだったのかこのルアーの使い方
今頃知った未熟者
また雨がパラパラし始めた
空を見ると黒い雲が接近してきてる
XTIME
突入
自分の中ではいつ釣れてもいい緊張の時間帯だ
雨が降る
雨が降る
びしょ濡れだ
やばい
たぶん大雨になる
あと、10投で終わろう
シーン
もう、ビチョビチョ
あとちょっとだけ。。。
いいところにキャスト!
ほんとうにドンピシャの雰囲気だ!
反転流のところで
一瞬フワッとしたか?
と思ったら
ロッドをひったくられ
ドラグ ジャッーツ、ジャジャ―ッツ
外洋に向かって走る!
そして
底に持っていく感じ
アンバージャックだ!
めっちゃ引きます!
流れがすごいので沖で弱らせてや足場も一点なんであんまり移動もできません
いつものごり巻ごぼう抜き
オリャー!
アンバージャック49cm 腹回り太ってました顔もでかくないですか?
DSCN0262.jpg
そのあとすぐ大粒の雨がザザザきたー
急いで退散

あのルアー早巻だったのか~

PS
近所汽水域情報
大雨が続き汽水域すごく増水してます。足場は浸水してます。
スポンサーサイト

MERRY CHRISTMAS

2014.12.24.Wed.21:28
12月24日
クリスマスイブ?釣りキチは海へイットキマス!!
雨がまとまって降ったのでいいかも?
TWEED RIVER MOUTH
本日、引きいっぱいから満ちはじめる時間と日の出が重なる
XDAY

南側に釣り座を構えて海をチェック
思った通り茶色い水が払い出してます。
外洋のきれいな海水が満ち込んできて混ざり合う時がチャンスです。

DAIWA Shore Line Shiner Z 120F をセットしてキャスト開始!
向かい風ながらも60m位飛んでる
きもちがいい~
10分ほどすると満ち潮が始まってきた。
ビデオ録画スタート



釣果が先にわかっちゃいましたけれど。。。
とにかく引きがすごい!
グイグイラインを引っ張り出し、ガンガン底に潜っていく
手前の根に潜っていき、一瞬コウチャク状態になるもまあまあ強引に引っ張り出して
ごぼう抜き!
ウヒョー
仕留めたぜサンタさん!アリガトー!!
根に入られリーダーフロロカーボン(40lb)はボロボロ
フックも伸ばされたが
何とか大自然からのプレゼントをいただきました!

**メリークリスマス!**

記録

2014.05.14.Wed.21:55
記録です。
1.4.2014 TWEED RIVERMOUTH 
TIDAL Strike Jig PURPLE HAZE 30g

DSCN4741.jpg

お後がよろしいようで

2014.04.09.Wed.15:01
3月29日
満潮AM7時10分
Tweed River河口へいざ出陣!
DSCN4726.jpg
日中画像だけど
この道を10分ぐらい行くと河口に出れます。
護岸工事されてないので河口一帯は干満の差でできた池や湿地帯が広がってます。
4時30分到着 
車を降りて海チェック。入り潮に5FEET位の東うねりが重なって水面はドラゴンの背中ようにうねってます。
ちょっとやばいな釣りになるかな?
試しに ジグヘッド1/2 OZ で投げるが右から左端へ3秒でビュー。
底をとるどころではありませんでした。
すぐに足元の岩に引っかけて終了。。。

車に帰り、コーヒータイム。
満潮前の流れが緩くなるタイミングを待ちながら ラインシステムを作りなおし。
そして 夜空が少し明るくなった頃リベンジ出発!
流れが緩やかになり、駆け上がり沿いに外洋からしっかりしたうねりが入ってきます。
このうねりが砂を運んできて駆け上がり辺りの海水が濁り始めます。
最近このタイミングでいい思いします。
波がブレイクすると沈み磯の周りにさらしができる
そこにルアーが来たときアクションできるよう潮流と波のタイミングを計りながらキャストする。
うまく岩のある駆け上がり底のほうにルアーを通せたんでそこから大きくシャクルと
ガッツリと竿をひったくられHIT!
横にビユーーン!外洋に向かってグイグイ走る
この引きは間違いなく アンバージャック
この釣り場の鉄則 強引にごり巻き、勢いでごぼう抜き!!
うりゃー
えっ?
魚、空中に浮いてる!?
なんと岩と岩の間に誰かが引っかけたラインがからまっててそのラインの中央に俺の掛けた魚が鯉のぼりのようにぶら下がってる。違う角度から引っ張ったりしてみるもうまくいかず 次のセットの波で50cm級と思わしき野郎は脱出成功。。
ついてねー。
釣りする前に海チェックした時”あんなところに誰かラインひっかけてるわ”と見てたのに。。。。
本日そのまま撃沈。
気を取り直してバスタオルを腰に巻きボードショーツに着替えようと中スッポンポン状態で両手で車からボードを出そうとしたところ
ビユッと風が吹いてバスタオルがほどけました。
アッ ヤベッと腰で止めようとくねくねしたがあえなく全裸状態
ププ―っと車のクラクション!
振り向くとフロントガラス越しにサーファーガール二人がVサインをしてくれてました。
悪い事があった後って
イイことあるもんですね!?



忍耐の釣り

2014.03.18.Tue.17:18
さて 前回やっと釣れていい気になってたんですがその後またもや忍耐の釣り行脚

2.23 満潮2.03AM 場所SPITPIPELINE スタート3.00AMから5.00ノーヒット


2.24 満潮5:46AM 場所SPITPIPELINE スタート3.00AMから5.00ノーヒット
     補足:日の出前釣りボートの往来が激しく釣りにならず。

2.26 満潮6:10PM 場所ROUNDCORNER スタート7.30PMから8.00ノーヒットノーヒット
     補足:PIPELINEはナイトダイビングで釣りできず。

3.1  干潮1:45AM 場所ROUNDCORNER&MIDDLE スタート2.30AMから8.00ノーヒット


3.2  満潮9:00AM 場所MIDDLE スタート5.30AMから9.00ノーヒット
     補足:釣りボートの往来が激しく釣りにならず。

3.7  満潮12:25AM 以前釣れた時と似てる状況なんで期待。
     1;30AMスタート。しかし向かい風強く潮をかぶりPIPELINEのポジションに入れずノーヒット
     2:30AM場所替えRUNNAWAYBAYに移動手のひらサイズのモイカを発見!すかさず餌木を投げるも空振り。
     5:30AMまでノーヒット

3.8  満潮1:20AM 場所SPITPIPELINE 2:30AMスタート 潮が動く3:00ごろコッツと一回
     アタリアリ 4:00終了

はい、長い長いウオーミングアップ。

3.15
 干潮AM1:00 TWEED RIVER Barnesepoint奥の古い橋付近でマングローブジャック釣れるとの情報。
AM2:30潮の入りはじめ狙いでスタート。
河口から10km位の汽水域。10分もすると潮が昇りはじめいよいよチャンスがやってきた。
ポッパーからプラグ、ワームと一通り投げるがシーン。ベイトの気配なくノーヒット。
また今日もドーナツかあ。。。。。。
半分通行止めの幅1メートルの古い橋 しかもあちこち穴が開いてる。
その中央に腰掛けてクーラーBOXからおもむろにビールを出して 満月観賞。
マングローブが両岸に生い茂り 満月の澄み切った光が水面を照らす。
日本でいうところの中秋の名月か?
AM4:00終了。
どーしようかと悩みながらも日の出前のまづめ狙いで まったりと車は一路河口へ。
4:20河口到着。
リーダーを30lbのフロロカーボンに変えてAM4:30頃スタート
使用ルアー
DSCN4718.jpg

5:00ごろ薄明るくなり水面の状態が観察できるようになってきた。
河口から1.5m位の波がブレイクして足元の岩にぶち当たってる。
よく見ると その波が砂を運んできて潮流が濁ってきた。
DSCN4708.jpg

イイ感じだ。
ルアーを足元まで引いたとき波がブレイクして砕けたアワアワのなかに魚を発見。
おそらくルアーを追ってきたと思える。その後数投同じように投げるが一度コツッとあったがヒットせず。。
ルアー交換
DSCN4717.jpg

1/2ozのジグヘッドを2種類持ってきたがきびきびアピールさせたいので下のワインド系のを選択
DSCN4715.jpg

濁りとホワイトウオーターの中での勝負。
5”Fat Grub エレクトリックチキンというど派手なネーミングのど派手カラーを選んだ。
その一投目、
ガッツン!!
ばっこしど派手なHIT!
メッキとは明らかに違う 何者か?
ライン、ジジジジジジ
岩礁地帯なんで速攻ドラグをいっぱいに締めて、リールをごり巻き
潮流に沿ってビーーーンと横に走る
4000番のリールのスプールにギリギリとラインが食い込む音がでる
こいつスゲースピードだ
真っ向から勝負してくる!
俺のほうもインサイドの根、岩にラインを擦られんようにロッドを立て、ランディングしやすいように少しずつ岩を下っていく
アッ、ヤバい 岩ギリギリでまた横に走る ラインが岩に擦れる
一か八かもうごぼう抜きしかない!
おりゃーっ
DSCN4700.jpg

アンバージャック ひらまっさんかかんぱっちゃんかわからんけどほれぼれするファイトでした。
ルアーで初釣りでした。

そのあと、数投目にガツッツと来ました。
いい引きだ。しかしまた違うファイト
一発目を上げてるので少し余裕でランディング
そしてごぼう抜き
DSCN4702.jpg

テイラー 和名アミキリ
これもルアーでお初でした。
いやーしぶとく通っててよかった~
久々に吠えさせてください
ルアーフィッシングサイコー!!