AUSTRALIAN BASS 狙ってきました。

2017.04.29.Sat.19:09

 いまだ
洪水の影響が残り
ゴールドコーストの水質は良くありません。

い~や、長すぎます。
いつもならイカのシーズン真っ只中なので
ちょこっと見には行きますが、
ウイードベットの上に砂や泥が堆積していました。
当分イカれんな。。。

さらに河口付近に砂利採取船がウロウロ

ほぼ壊滅状態。

そこで、今日は

淡水調査に行ってきました。

茶色い。。。

そして、
水面シーン
いつもいてるエビや小魚のライズは全くありません。

まだハヤイカナ、、

やってみよう

ここの定石
ポッパー
いろんな攻め方をしたが

ノーバイト。。。

やはり、濁りが強いと表層は見えにくいし
意識しないか。。
水温も下がってきたし
底にいるかも。。

じゃあ
波動を強めに出すルアーで底狙い。
日ごろこのポイントでは
水草を100%ひっかけるので使わないけど
たぶんここの水草も泥をかぶってると予想して
小さめのバイブレーションで
ボトム攻め

伝わってくるのは
ボトムの柔らかい感じ
やっぱり泥が堆積してる。
いつものところにはいない
状況違うな

次に
橋脚まわりの影側のギリを
ミノーでせめよう
キャスト~
少し早めにジャークを2回入れて
橋の下からオープン側に出し
ジャークをもう一度入れると
ドン!

気地イイ~
一本!
今度は橋脚に向けて
キャスト
ちょっと届かんかった。。

着水
りールをまきはじめる
ドン!
ほっほ~
いい感じ
引くひく
イヒ~
2本!

場所移動しましょ
ここも水質悪いよ。。
釣れそーにないなあ。。。

あっでも鳥が騒いでる!

やってみるか
キャスト~
あれ?
ライントラブル。。。ブル。
ぶる
ぶる
、、。。。。
よしOK
リールを巻こう
ルリルリルリ
ドン!

びっくりした~!
HIT!
何という
ラッキ~ヒット!

ありがとうございました~

お時間ござれば、動画どうぞ





使用ルアー;ima sasuke SF-75
DSCN0352.jpg

細身のシルエットにメリハリの利いたアピール力。
リールを巻くとそれだけで使い方がわかる扱いやすさ。
トレバリーからバスまで
淡水、海水、汽水域、どこでも使える。
かさばらない
ルアーケースに必ず入れてる信頼の一本です。

アムズデザイン/ima サスケ/sasuke SF-75 #SKF75-006/イワシ

価格:1,409円
(2017/5/7 13:35時点)
感想(0件)



使用ロッド
メジャークラフトSPEED STYLE
非常にバランスが良く、キャスト時のガイドの糸抜けもとてもいいです。
バットパワーがあるので40cm級トレバリーや、50cm級BASSも余裕でいなします。

●メジャークラフト スピードスタイル SSS-67ML 1ピース (スピニングモデル)

価格:17,280円
(2017/5/7 13:38時点)
感想(0件)





スポンサーサイト

Bassハマってます。

2016.12.29.Thu.14:24
 Bassハマってますわ。
ほぼ今あるソルト用ルアー、元をたどればBassルアーの派生形ではないでしょうか。
メソッドもBassのほうが多種多様。
海ではまだあまりポピュラーではない形のルアーもたくさんある。
めちゃ勉強になります。
 
アメリカではBassフィッシングによる経済効果は1兆2000億円!
ゆえに、タックルの開発費も抽出できる。
そりゃーどんどん新しいタックルが出てくるわけです。
業界を見ても世界的にBassPROは派手で賞金も高い。

 さて、オーストラリアでも国際バストーナメントが開かれたり、
国内ツアーもありのポピュラーな釣りの一つです。
オーストラリアンバス、フィッシング規則では、
6月1日から8月31日までは産卵期のため釣り禁止。
35センチ以上を一匹だけ持ち帰れるとなってます。
次世代に自然を残すためにすごく厳しく取り組んでいます。

 今の季節、Bassはトップで狙えて本当に面白いです。
今回は、ペンシルで攻めてみました。
Bassがルアーを吸い込む音が半端ないです。

動画をどうぞ。






オーストラリアンバス標識

2016.12.19.Mon.12:32
 前回のブログに挙げた看板がこちらです。

オーストラリアバスアソシエーションと、州が協力して35000匹のバスを毎年放流してるそうです。
DSCN0236.jpg

鳥のうOこが付いていますがご愛敬

DSCN0237_201612191225277f8.jpg

こんな感じで標識が立っています。(いいサイズのお写真ですわ)
6月1日から8月31日までは禁漁期間です。

バッサーにやさしか~

追伸
australian bass, とestuary perchはメチャメチャ似ています。
胸鰭が全部ダーク、目の上がすこしくぼんでるとPERCH。.
胸鰭が白からダークへグラデーション、目の上がへこんでないとBASS。
むつかしか~

10年ぶりのBass

2016.12.16.Fri.05:54
 10年ぶりでしょうか
淡水での釣り。

 先日、犬の散歩をしてると
魚の写真入りの目新しい看板が立っていました。
"この池にはオーストラリアンバスを放流していますbyゴールドコースト市役所"

ナ~ア~ヌ~ッ

内陸のダムなどでボートからのバスフィッシングが盛んです。
湖畔は草木が多い茂り、岸からロッドを振れるところがほぼ無いと聞かされていました。

この看板が立ってるところや周辺はところどころ釣りが可能です。
橋が架かり、一帯は水草、葦が茂っています。考えてみれば、絶好のポイント。
こりゃー明朝、調査しなければ。

今持ってるライトタックルを手入れして、細いPEに入れ替えして。。。
 ふと、BASS用ルアーまったくもってないやん。。。。。
とりあえず、チニング用のポッパーと、ペンシルで行こうか。
 
朝、日の出前、橋の下に行く。
小さな魚が水面に群れてる。
手前の水草の中にも小さな魚がいる。
いいんじゃないの?
ポッパーをキャスト、
ポコン、ポコン。。。。。ポコン、ポコン。。。。
ポコ゚
ズバシャッ!!

派手な音とスプラッシュ!!
HIT!

おおっ
なかなか引くやん!
BASSゲット!!
面白い。
面白いですわ。
なかなかおもしろいですわ!。

ポッパーでHITすると面白いです!!
日ごろ海で14cmのポッパー引いてるけど
6cmのポッパーも同じ
スゲー勉強になる。
続いて
ゴボコン!

吸い込み系のサウンドは病みつきになります。
ゴボコン!

ヒヒヒ
仕事前の寄り道が一つ増えた!

動画をどうぞ。