海は、チョコレート

2017.04.20.Thu.16:52
 台風が過ぎて2週間。
まだ海の色は、チョコレートです。

しかも、未だ、木の葉や枝、大木まで流れています。
夜釣りでミノーを表層で引くと何度も枝を釣ってしまいます。

淡水湖や、カナルの上流も未だ回復していません。
みなさんぼちぼち釣ってるみたいですけど。。。
俺、ぽろっと釣れたテイラーくらいです。
連続ボーズ記録更新中。

今週もさらに雨が降り、
釣りにならないので
川の上流はどうなってるか調査にいってきました。
DSC_0280.jpg

DSC_0282.jpg

まだ当分チョコレート工場ですな~

スポンサーサイト

2016年振り返って、2017年どんな釣りしましょうか。。

2017.01.21.Sat.09:58
 去年の釣りを振り返りますと。
プラグでの釣りがどんどん大物狙い一筋になってきて
PEライン50lb、ショックリーダー80lbなんてブットいことになって
トレブルフックなんかもサイズが1/0
リールもSHIMANO6000番が小さく頼りなく感じたり。。。
大物を夢見て、これまた楽しいんですが、
50g前後のプラグを思いっきりキャストして、テゥィッチやジャークしたり
80g前後のジグを投げたおし、酷使し、
気が付けば
いつも使ってるリール、どうも調子が悪くなってきました。
スプールにきれいにラインを巻けなくなってきて、
さらに、
ルアーを引き始めるとシュワシュワとうなりだしました。

夜の釣行なんかだと周りが静かなのでこのシュワシュワがうるさいのなんのって。。。
完全にラインを通して水中にこの音が伝わり魚に警戒心を抱かせてる。
オイルアップや、グリスアップ、自分でばらしてクリーニングしたりしましたが
どうにも修理できませんでした。

いろいろいい経験をさせてもらったリールなのでかわいいのですが、
そろそろ寿命。だんだん触らなくなってきました。
懐事情もあってすぐにはリールは買えない。。。

 10月、次に始めたのがのミディアムヘビーのジギングロッドにSHIMANO4000番、
PE1.2号、ショックリーダー20lb~40lbをセットしてのライトショアジギングと、
このタックルでのプラッギング。
ラインを細くしたことによって、潮流の速い時間、
以前の太いタックルでは60gのジグではボトムをとれなかったのに
今は40gで十分。しかも空気抵抗も少ないので遠投も楽。
Kガイドの糸抜け感は抜群!
リールもロッドも軽いのでお手軽感半端なく、楽しみハジメマシタ。
マサ子が来たらやばいですが、中型青物なら、このタックルで十分でごぼう抜きです。
ただ、頻繁にラインチェックをするようにしてます。

 12月、オーストラリアンバスにはまりだし、
SHIMANO2500番に
PE0.4号、リーダー8lb
どんどんラインが細くなっていきました。
でかいリールを買うつもりで貯金してたのに
ベイトキャスティングロッドとベイトリール買ってしまい、
俺の釣り、どの方向に行ってるねん?
と一瞬考えましたけど
この繊細な釣りも病みつきに!

暴風雨の土曜日の朝
釣りに行けず、
今の自分を振り返ってみました。

2017年
さあどうしましょ?

釣りって本当に面白い。







んんん~

2016.06.06.Mon.05:53
俺の住んでるエリアというか東海岸ほほ全域
台風のような低気圧が大暴れ
大雨、大風、大洪水
金曜、土曜、日曜と
横風、停電、繰り返し
復旧してもネットつながらず。
テレビもね~
ネットもね~
車もそんなに走ってね~
まあすさまじいことになってます。

この一か月外海での釣果はゼロ。
ルアーをキャスト、練習ノミ。
あかちん
おだちん
意気消沈
ダサッ

内海で、フラットヘッド狙いっしょ
あっちこっち駆け回り
釣れた一匹ネズミコチ 、ガッチョ~

エギングで少しは釣ったよアオリちゃん
イッキに水温低下で深みに移動
コウイカ釣れて一安心
イッキに大雨、暴風雨
みんな深みに行っちゃった
頼むよ何か釣らせてYO~
おらこんな気候いやだー
ゼニッコサ貯めてケアンズでGT釣るだ~

あ~夢ですわ。。。。

秋、元気出して! ?

2016.02.19.Fri.02:02
2月16日
深夜、車にロッドを積み込む。
空を見上げると満点の星。
どこからともなくキンモクセイの甘い香りがする。

秋か~
しみじみ。。。。。

風が涼しい
センチメンタルです。

今年も満足するMJ釣ってない。
ただ、去年よりいいサイズをHITさせてるのは確かだけど
よう釣り上げませんわ。
マサ子と同じ状態です。
MJ
マイケルジャクソン
マングローブジャックです。

この一か月、深夜あちこちでロッドを振りまくった。
BABYMJはいくつか釣った。
ポイントをいくつか知った。
しかし、自分の中で満足できるサイズはまだ釣り上げてない。
チャンスは2回あった。
直線的に底にジジジっと引くあの感じ。
おそらくまあまあサイズのMJだった。
一回はうかつにも気を許してる時にHITして穴に潜られラインぶちぎられ終了。
もう一回は集中しすぎて早合わせ。
掛が浅かったので少しファイトしてルアーすっぽ抜け。

何とか水温の温かい2月中に釣っときたいね。

今夜はメジャーポイントに出陣
着いてみるとやはり先人がいる。
声をかけようと思ったのですがデカい犬を2匹連れていてチョイコワ。
対岸側に移動。
支度をしてると水面がざわついてる。
よく見るとエイのヒレ。4匹ほどいる。
奴らがいると釣れないので少し様子を見る。
静かになった。
釣りスタート。
潮の流れも少し緩やかになってる。
いい感じ。
潮上にルアーをキャストしてコーナーから
ソーっとドリフトさせながら橋の下へ導いていく。
こういうのやりたかったんです。
釣り動画の見すぎですわ。
ハジメはガチロッドで攻めたがルアーの動きが手に伝わらない。

そのために繊細なチップのロッドに変更した。
MJを狙うならミニマム、リーダーは30lbと考えてる。

で、どうなったか?
動画をどうぞ
。。。。。。。



RODの性能が悪すぎた?

実は、以前から自分の動画で
トップガイドから5つ目、
非常に負担がかかる、みょーな曲がり方をしていて
ん~?
と思ってました。
この一本だけがたまたま悪かったのか?
安モンはやっぱり?なのか?
MJ狙いならそれなりの価格のRODが必要なのでしょう。。。。。。

そういえば、エキスパート土佐清水のサーフアンド釣り友のHIROYAの
釣り道具は糸電話やけん
という名言を思いだした。

リールからラインを通して、ガイドを通ってルアーまで
糸電話だ。
リールが出す雑音、ガイドに擦れる雑音すべてルアーを通して
魚に伝わる。
水に波動が伝わり魚に察知される。

今回は、HITさせたが、
ロッド?ガイド?の性能が悪いのできれいな弧を描かず一点に負担がかかり折れたのか。。。
やっぱりいいガイドがついてるロッドいるのね。。。。。

LIFE IS SHORT FISHING HARD

人生は、短い。 釣りまくれ!

が、座右の銘だったけれど
もうちょっと頑張って働いて
お金もうけて良いロッドを買わなければいけないのかあ?

ハードワークは、釣りに行く時間が減るし、、、、、

とりあえず、宝くじ買いに行きますわ。。。。

ガクッ。。。。








あけましておめでとうございます

2016.01.17.Sun.10:33
謹賀新年
富士fp06
今年もよろしくお願いいたします。

日本に行ってました。
東京、横浜、神奈川、大阪、兵庫、高知。
すごい速さで駆け回りました。

高知の友達に、道具全部用意しちょうけん行こう!と誘ってもらい、
足摺岬のチョー一級シークレットに行くことに。
どこで何を釣るのか?全然知らないまま。
日の出一時間前に駐車場で待ち合わせ。
真っ暗な中、足26cmでいける?
車から、ウエーダ―を出してきた。
スパイクはこれで、ベスト、防水上着。
ううう、マジ仕様
ドキドキさせてくる。
ちらっとタックルを見る。
ロッド11FTーMH、リールソルティガ3000
一部の隙もない完璧な磯ヒラスズキ仕様だ。緊張感が走る。
そう、
この辺りで、”酒は少し飲めます。”
なんて言ってしまうと、一時間後には白目むかされるくらい飲まされる。酒豪だらけ。
友達の家にチョイ寄りでもビール6パックロング缶持ってくるが当たり前。
高知は酒の飲む量が半端ないのである。

 趣味は釣りを少々なんて言ってしまうと、
あくる日にはオナガグレやりに行こうとなってやばい1級磯へ。
レベルが半端ないのである。

よって俺の緊張感も半端ないのであ~る。

着替えも終わっていざ出発。
いきなりロープ付きの崖を降りていく。
スパイクシューズでも滑る。
片手でロッドも持ってる。
慎重に。
20分ほど下ると断崖絶壁の崖の上に出た。
薄っすらと辺りが見渡せる。
すごい景色だ。
友達が3点確保で!
という。
何のことかわからないまま後に続く。
えっ?ここ降りるの?真下を見ると
海面までの距離がありすぎて焦点が合わない
一歩間違えたら天国行きだ。
助けることもできん。
ロッククライマー顔負けだ。
3点確保とは両足と片手一点は必ず岩をつかんどくと言うことだ。
そこから10分ほどかけて
ゆっくり崖を降りていく。
振り向くと
断崖絶壁から自然の滝がドドドと海に振りそそぐ。
見たこともない海の色
点在する岩礁
太平洋
ぶち当たる飛翔
ジュラシックパーク張りのロケーションだ。
この場所
そう行けるもんじゃない。行き方知ってても体力、バランス力もいる。
研ぎ澄まされたものだけが行くトップシークレット。
スパイク、釣り道具、すべて最高のものが最低限いる。
思ったより波が穏やかで、さらしが弱い。
しかし、この場所で強風や波がデカかったら命がけの釣りになること間違いない。
お初の俺はこれで十分心臓バクバクだ。
絵に描いたようなポイントにDVDで見るようなさらしができる。
友達がポイントをレクチャーしてくれる。
”あの先端のさらしから潮に流してドリフト、右側のカレントに持って行って、そっちの岩すれすれを通して手前のスリットのさらしまで、”丁寧に行こう。
一投するだけで3か所のやばそうなポイントを通せる。
サラシ待ちをして、
一投。
スッー
こんな感覚はじめてだ。
タックルバランスがすこぶるいいのだ!
ルアーの動き、潮、カレントの情報がやばいくらい手に伝わる。
繊細だ。頭が真っ白になってきた。
そこから集中してランガン。
ロッククライミング&キャスティング。
腰が疲れてきたなー。3時間ぐらいしたかな?
っと友達に聞いてみると。
なんと午後2時。
軽く6時間オーバー。時間の間隔が思いっきりずれてる。
集中しましたね。
帰りの崖上り、体力を残しとかないといけないので終了~
ノーバイトで終了。
残念だったけど、
2016年初めの釣りは
すごい体験だった。
チョーエキスパートだった。
とても勉強になりました。

崖を上がり、服を脱ぎながら、
友達が
”ドンっとスズキがバイトしてきてROCKYが焦るところ見たかったのに残念っと、、、”
いえいえ十分良い体験させてもらいました。
釣りバカたちの
ディズニーランド!
Uさん
Hさん
アリガトウ!

全身筋肉痛ですわ。。。。